孤独と愛について

July 10 [Tue], 2012, 4:42


先日、夜の散歩に出てメモした思索。
久しぶりの観想(テオリア)です。

存在の本質的な孤独と、愛についての覚書。



〜・〜・〜・〜・〜・〜

眠れぬ夜は歩く。
淋しさにも似た空白が心に広がって、夜気が空と体を満たしている。
そんな夜は、宇宙に呼ばれるように外に出て、部屋に戻りたくなくなる。
心地好い風に吹かれる夜の道は、どこまでも続いているような気がする。

誰もいないこの時間が好きだ。すれ違う者もない時と場所。
少し高い橋の上から、遠い街の灯を眺めている。
なぜか、これが見慣れた町だろうと、初めて来た異国の景色だろうと、きっと同じ気持ちになっただろうと思った。

あの灯りの一つ一つは、きっとどこかの誰かが関わっている存在の証。
僕らの存在の、本質的な孤独を思う。
普段はわざわざしないのに、ふとここにある何かを残しておきたくなって、書いてみている。

薄く掛かった雲の向こうに、わずかに見えた星がある。
星は、黒いベールに開いた、小さな穴のようだ。
その無数の穴から、向こう側の光が漏れ見えている。

魂は、空から零れた光のようだと思った。
空の向こうは、一つの本質の世界。
僕らの魂は、それらを覗く穴から漏れた、いくつもの小さな光。
互いが離れて光る、同じ源の光。

存在の孤独は、星のように僕らが離れているため。
だから互いの放つ幽かな光を頼りに、その奥深くへ一つに還る道を探している。
お互いを覗き込み、かつて一つであった源へとつながろうとする。

一体を希求する心を何と呼ぼうと、人は心の底からお互いを分かち合うことを求める。
それが乾いた願いとなっても、求め続けるうちには決して辿り着けない場所がある。

愛されることを望み過ぎる者は、愛することが出来ない。
乞い願う心は誰もいない世界に住み、扉が敲かれるのを待っている。

ではどうすればいい?


内から答える声が言う。

「愛は自らを開くこと。
それは与えることによってしか開けない、外開きの扉のようなもの。

そうすることによって、人は自らを宇宙に開き、本質と無限の中心へとつながることが出来る。
そのとき、あなたの中心は宇宙の中心となり、一体となる。

求めることによってではなく、ただ愛することによって愛しなさい。
愛があなたの内から出るに任せて、取引せずに与えなさい。

泉のように湧いて来たものだけを、与えることができる。
無理に汲み出そうとせずに、あなたの本質に問いかけなさい。

心から与えたいと思うもののみを、深く純粋な気持ちから与えなさい。
そうすれば、その心は相手の奥深くへと届くだろう。

己の心に素直でありなさい。
どんなときも、あなた自身でありなさい。

率直にまっすぐでいて、曇りなくありなさい。
誰のためでもなく、あなたの心に誠実でありなさい。

心が曇りを持たず透明なら、あなたの声は、言葉は、誰も傷つけたりしない。
魂の声に忠実であるなら、生命と宇宙の本質はあなたを決して裏切らない。

それが宇宙の理、それが愛だ」


どうしたら愛であれますか?


「愛は自分自身に率直であること。
ウソがないこと。真実であること。透明であること。

わだかまりがなく、まっすぐに表現すること。
そしてそれを失わずに生きることによって得られる。

もう一度、心から開き、愛したいと願うなら、自分を通して受け取るもの、表現されるものを決して否定しないことだ。

あなたが否定してきたものは、すべてあなた自身の一部だ。
目に映るものの一つ一つは、すべてあなたの心を映している。

一つ一つを手に取って、慈しむように愛することができたら、あなたは自分自身への否定や葛藤から自由になれるだろう。
そうすれば、あなたは心の底から、誰かとお互いを分かち合えるだろう。

お互いの中に真実を見つけたとき、互いの奥にある本質が分かち合われ、そこにバランスが生まれる。
宇宙はそうやって調和を育んできた。

あなたがたはそうやって、お互いを知り、真実を分かち合う。
お互いを通してしか、自分自身と宇宙の本質を知ることはできない。

だから愛を求める。
愛だけが、分離しているそれぞれの存在を、一体へと繋ぎなおす道だからだ。

離れていることが、互いを求めさせ、求めることによって、互いを一体へと還させる。
それが宇宙の呼吸であり、ギフトだ。

どうか悲しみではなく、優しい願いとして、あなたが孤独と愛を受け取れるように。
そこから、あなた自身の本質へと還る道を見つけられるように。

いつもここにある愛に、どうかあなたが気が付き、受け取れるように」


            


静かな川面を風が撫でていく。
気がつけば星は薄明に沈み、虫の音がまた響き始めた。
私達は決して、この世界で孤独ではない。


ありがとう。


〜・〜・〜・〜・〜・〜







 
  • URL:http://blog.tabibitonoki.org/archive/616
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
パピ
はじめまして。Strongswingsくんのご縁でこちらにたどり着きました。

愛ということがよくわかりませんでした。今までは。

近頃、ある人を本当に愛したみたいです。

自分が幸せにしたいということを超えた先にある、その人の幸せを祈るこころ。

そして、
与えきりの愛というものが周りの人を幸せにしていく。たぶん自分自身が一番幸せだからですね。

そうやって循環が起こっていくのですね。

これからもブログ拝見したいと思います。

ありがとうございます。

July 22 [Fri], 2016, 18:53
キヨです
宇宙からの 人体に与えられし しずく

涙と呼ばれるしずくが あふれました

真実だけに なるんですね

音色が響きました

ありがとございます
July 10 [Tue], 2012, 10:12
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りゅー
  • アイコン画像 誕生日:2月21日
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
ヒーリングスペース 旅人の樹 主宰
Inspiring People to There Authenticity

旅人の樹ホームページ

http://tabibitonoki.org/


月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE