嫉妬に対する答―Osho

October 30 [Fri], 2009, 20:39
 
こんな文章を教えてもらいました。
関係性、特に男女の陥りがちなパワーゲームについて、とても明快な洞察が書かれてましたので、ご紹介させていただきます。


〜・〜・〜・〜・〜・〜

 確かに私は怒りとセックスについてより多く話し、嫉妬についてはそれほど話さない。なぜなら嫉妬は一次的なものではないからだ。
 それは二次的だ。それはセックスの二次的なものだ。あなたの心(マインド)のなかに性的な衝動があり、あなたの存在に性的なものがあるときにはいつも、あなたが性的に魅力を感じ、誰かと関係するときにはいつも、嫉妬が入り込む。
 なぜなら、あなたは愛のなかにいないからだ。もしあなたに愛があれば嫉妬はけっして入り込まない。

 全体を理解するようにしてごらん。あなたが性的に関係するときはいつも、あなたは恐れている。なぜなら、セックスは実のところ「関係性」ではないからだ。それは搾取だ。
 もしあなたが性的にひとりの女またはひとりの男に執着すれば、あなたはこの女が誰かほかの人のところへ行くのではないか、この男が誰かほかの人のところへいくのではないかといつも恐れるようになる。
 そこには実際なんの「関係性」もない。それは相互搾取にすぎない。あなたたちはお互いに搾取しあうが愛しあってはいない。そしてあなたはそのことを知っている。だからあなたは恐れる。
 この恐怖が嫉妬になる。そうするとあなたはものごとを起るにまかせない。あなたは警戒する。あなたは、この男がほかの女を見ないようにと、あらゆる防御策を講じる。見ることさえ危険信号だ。この男はほかの女と話すべきではない。なぜなら話せば……
 そして、あなたは彼が去りはしないかと恐れを感じる。あなたは、この男がほかの女のもとへ走り、この女がほかの男のもとへ走るあらゆる道、あらゆる手段を封じる。あなたはあらゆる手段、あらゆる扉を閉じる。

 だがそうすると問題が生じる。
 すべての扉が閉じられると、その男は死んだようになり、その女は死んだようになる。囚人となり、奴隷となる。そしてあなたは死んだものを愛せない。あなたは自由でない人を愛せない。
 なぜなら愛は、惜しげなく与えられたときにのみ、奪われたり、要求されたり、強いられたりしないときにのみ、美しいからだ。
 最初にあなたが防御策を講じる。そうするとその人は死んだようになり、物のようになる。最愛の人は人間であるはずなのに、妻は物になる。最愛の人は人間であるはずなのに、夫は保護され、所有され、コントロールされた物になる。
 しかしコントロールすればするほどあなたはその人を殺しているのだ。なぜなら自由が失われるからだ。そして相手のほうは別の理由でそこにいるかもしれない。
 しかしそれは愛のためではない。なぜなら、どうして自分を所有している人を愛することなどできる?
 彼は敵のように見えてくる。

 セックスは嫉妬をつくり出す。しかし嫉妬は二次的だ。だからどのようにして嫉妬を落とすのかということは問題ではない。あなたは嫉妬を落とすことなどできない。なぜならあなたはセックスを落とすことができないからだ。問題はどのようにセックスを愛へと変容するかだ。そうすれば嫉妬は消える。
 もしあなたがその人を愛すれば、その愛こそが充分な保障となる。その愛こそが充分な防御だ。
 もしあなたがその人を愛すれば、彼は誰かほかの人のところへ行くことなどできない、ということをあなたは知っている。そして彼が行くなら、彼は行く。どうすることもできない。あなたになにができる?
 あなたはその人を殺すこともできる。しかし死んでしまった人はなんの役にも立たない。
 あなたがその人を愛するとき、あなたは彼が誰のところへも行くことができないと信頼する。もし彼が行くなら、愛はないのだし、どうすることもできない。愛はこの理解をもたらす。嫉妬はない。

 だから、もし嫉妬がそこにあるなら愛はないのだと知りなさい。あなたはゲームを演じているのだ。
 あなたは愛の裏にセックスを隠している。愛はただの偽りのことばだ。実際にあるのはセックスだ。

 インドでは、愛は、まったく許されなかったわけではないが、あまり許されず、そのために結婚は取り決めで行われ、それでたいへんな嫉妬が存在している。
 夫はいつも恐れている。彼は一度も愛したことがないので、彼は知っている。
 そして妻は恐れている。なぜなら彼女は一度も愛したことがないので、彼女も知っている。これは取り決めなのだと。
 親が取り決め、星占術師が取り決め、社会が取り決める。妻と夫は一度もたずねられなかった。
 多くの場合、彼らは一度も知り合ったこともなく、お互いを見たこともない。だから恐怖がある。
 妻は恐れ、夫は恐れている。そして両方ともお互いを探りあっている。愛への可能性は失われてしまう。

 恐怖のなかでどうして愛が成長できる?
 彼らは一緒に住むことができる。だがその一緒に住むことは、一緒に住まないことでもある。彼らは一緒に住むことを一緒に我慢しているだけだ。
 彼らはなんとか一緒にいることをつづけている。それは実利的なものにすぎない。そして実利的なことでは、あなたはなんとかやりくりするかもしれない。
 だが歓喜は望めない。あなたはそれを祝うことができない。それは祝祭にはなりえない。それはわずらわしいことであるだろう。
 そのようにして死がくる前に夫は死に、死の前に妻は死んでいる。互いに復讐しあっているのはふたりの死んだ人たちだ。
 なぜならお互いに自分は相手を殺したと思っているからだ。復讐し、怒り、嫉妬する。ものごと全体があまりにも醜くなっている。

 しかし西洋では異なったタイプの現象がおこっている。それは対極で同じことが起こっているにすぎない。
 彼らは取り決められた結婚を落とした。それは良いことだ。この制度は維持する価値がない。だがそれを落とすことでは、愛が起らなかった。セックスが自由になっただけだ。
 そしてセックスが自由になったとき、あなたはいつも恐れている。なぜなら、それはつねに一時的な取り決めだからだ。
 あなたは今夜この娘とともにすごす。あすは、彼女は誰かほかの人と一緒にいるだろう。そして昨日は別の人と一緒にいた。
 昨日はその娘は別の人と一緒にいて、明日はまた別の人と一緒にいるだろう。今夜だけ彼女はあなたと一緒だ。
 これがどうして非常に親密で深いものになりうる? それは表面的な出会いにしかなりえない。
 あなたたちはお互いに溶け込むことができない。なぜなら溶け込むためには、馴れ親しむことが必要だからだ。時間が必要だ。
 深み、親密さ、一緒に住むこと、一緒にいることが必要だ。長い時間が必要だ。そうして深みが開く。深みがお互いに語りかける……

 このような関係は知り合いでしかない。知り合いとさえ言えないかもしれない。
 西洋では電車のなかで女性と知り合い、愛をかわし、夜中には同じ駅で彼女を降ろす。彼女は二度とあなたを悩ますことはない。二度と再びあなたを知ることはないだろう。彼女はあなたの名前を尋ねることさえしなかった。

 もしセックスがそのようなささいなことになれば、ちょっとうわべだけで出会って別れるような肉体的なできごとにすぎないなら、あなたの深みは触れられないまま残る。
 あなたは再びなにかを逃している。なにか偉大なもの、なにか非常に神秘的なものを。

 なぜなら、誰かほかの人があなた自身の深みに触れたときにのみ、あなたはそれに気づくようになるからだ。
 他人を通してのみ、あなたは自分の内なる存在に気づくようになる。深い関係性のなかでのみ、誰かの愛があなたのなかにこだまする。
 そしてその愛があなたの存在に深みをもたらしてくれる。誰かほかの人を通してのみ、あなたは自分自身を発見できる。

 発見するにはふたつの方法がある。ひとつは瞑想だ。他人なしにあなたは深みを探求する。
 もうひとつの方法が愛だ。相手とともにあなたは深みを探求する。相手が自分自身に至るための道となる。相手が円を形成する。
 そして両方の恋人がお互いに助け合う。愛が深く進めば進むほど、より深く彼らは自分自身であることを感じる。彼らの隠れていた存在があらわになる。
 しかしそうなると嫉妬はない。愛は嫉妬であることができない。それは不可能だ。愛はつねに信頼している。
 そしてあなたの信頼を裏切るようなことがなにか起こるとしても、あなたはそれを受け容れなければならない。それについてなにもすることはできない。なぜならあなたがなにをしたところでその人を破壊することになるからだ。

 信頼を強要することはできない。嫉妬は信頼を無理に押しつけようとする。嫉妬は試みる。信頼が維持されるようにと、ありとあらゆる努力をする。
 しかし信頼は維持されるようななにかではない。それはあるか、無いかのどちらかだ。そして私は言う、それについてなにもすることはできない、と。
 もし信頼があるなら、あなたはそれを通り抜けていけば良い。もし信頼が無いなら、別れたほうが良い。
 だがそのことで争わないこと。なぜなら時間を、人生を浪費することになるからだ。

 もしあなたが誰かを愛しているなら、あなたの深みがほかの人の深みに語りかけるなら、存在のなかでの出会いがあるなら、それなら良い。美しい。もしそれが起っていないなら、別れなさい。
 だがどんな論争や闘争も作りださないように。そのために喧嘩をしたりしないこと。

 なぜなら、信頼は争いを通しては達成できないからだ。それに時間が失われる。時間だけではなく、あなたの能力が損傷をうけることになる。あなたは再び別の人と始める。そのパターンの全体をくり返す。
 もし信頼が無いなら、別れなさい。早ければ早いほど良い。そうすればあなたは破壊されない。損傷を受けない。そうすればあなたの愛する能力は新鮮なまま残り、あなたは誰かほかの人を愛することができる。
 これは自分にとっての場所ではない、これはこの男ではない、これはこの女ではない。そう思ったときには動きなさい。しかしお互いを破壊し合わないように。

 人生は非常に短い。そしてその能力は非常に繊細だ。それらは破壊されうる。そして一度損傷を受ければ、それらを修復する可能性はない。
 愛に関するかぎり、あらゆる人ために非常に多くのことがなされなければならない。そしてそのためには、あまりにも少しの時間しか残されていない。喧嘩や嫉妬、論争にあなたのエネルギーを浪費してはいけない。動きなさい。友好的な方法で動きなさい。
 しっかりと生き、あなたを愛してくれる人を、どこかほかのところで探してごらん。ふさわしくない人、あなたに向かない人にとらわれていてはいけない。
 怒らないように。それはなんの足しにもならない。そして信頼を押しつけようとしないこと。誰にも信頼を押しつけることはできない。それはけっして起こらない。あなたは時間を失い、エネルギーを失い、そのあげく、なにもできなくなってから気づくことになる。
 動きなさい。信頼するか、動くかだ。

 愛はつねに信頼する。あるいはもし信頼が不可能だとわかったら、ただ単に友好的なやりかたで動くだけだ。論争も喧嘩もない。
 セックスは嫉妬を作り出す。愛を発見し、見つけなさい。セックスを基本にしてはいけない。そうではない。

 インドは取り決められた結婚のために逃した。西洋は自由恋愛で逃している。
 インドが愛を逃したのは両親があまりに計算高く狡猾だったからだ。彼らは恋に落ちるのを許そうとしなかった。それは危険だ。その先どうなるか誰にもわからない。
 彼らはあまりに賢すぎた。そしてその賢さによって、インドは愛のあらゆる可能性を失ってしまった。
 西洋では彼らはあまりにも反逆的で若すぎた。賢くはなかった。あまりにも若くて、あまりにも子どもじみていた。
 彼らはセックスを自由なものごと、どこでも手に入るものにしてしまった。愛を発見するために深く入って行く必要はない。セックスを楽しんで、それでおしまいだ。
 セックスのゆえに、西洋は逃している。結婚のゆえに、東洋は逃した。だがもしあなたが覚めていれば、あなたは東洋である必要はないし、西洋である必要もない。愛は東洋のものでも西洋のものでもない。
 あなたたの内側に愛を発見しつづけなさい。そしてもしあなたが愛すれば、遅かれ早かれある人があなたのもとに現われるだろう。なぜなら愛にあふれたハートは、遅かれ早かれ愛に満ちたハートのもとにやってくる。それはいつでも起こる。あなたは正しい人を見出す。
 だがもしあなたが嫉妬しているなら、見いださないだろう。もしあなたがセックスを求めているだけなら、見出さないだろう。もしあなたが安全だけを求めて生きるなら、見出ださないだろう。

 愛は危険な道だ。勇気のある人びとだけがその道を旅することができる。そして私はあなたに言う、それは、ちょうど瞑想と同じように勇気ある人びとだけのものだ。
 そして神性に至るためにはふたつの道しかない。瞑想か愛かだ。

 どちらが自分の道かを見つけなさい。どちらが自分の宿命になりえるのかを。 







 

朝富士

October 27 [Tue], 2009, 23:25


台風一過の本当にすっきりした朝。
空が驚くほど清みきって、どこまでも遠くが見える。
はっきりした富士山と、何処までも続いていく空、渡る風。
なんて気持ちのいい朝。
いつもこんな心でいられますように。
ありがとう。







 

ワークショップ考

October 22 [Thu], 2009, 23:57


今日の Ryu's Cafe も濃かった。
相変わらず濃すぎて、頭がクラクラになったけど、とりあえずは納得のいく十分なものはできたかなと。
なんだかんだで、途中から人が増えて、最後は6人くらいはいたのかな。今日も楽しかった。
クリスタルにヒーリングすると、チャネリングで広がりすぎて、浮き上がってるエネルギーをアースしてくれるので、セッション後のグラウンディングと統合に特に有効だった。これは使える。

午前中の花ワークショップは、今後の試みを兼ねて、自分でも作製してみた。
花材を1階のお花屋さんに買いに行って、選んでアレンジ作製して、完成までだいたい1時間くらい。
アクアフォーム(吸水性スポンジ)とお花代と併せても千円くらいで、割と十分小振りのアレンジは制作可能。
これなら、お花を選ぶところから楽しんでもらって、持ってきてもらったコーヒーカップか何かにお花を挿してもらったら、かなり手軽なお花ワークショップが実現可能だ。

2千円くらいの予算で、今後ミニフラワーワークショップ開催が期待できそう。
それぞれお花屋さんに買いに行ってもらえば基本赤字も出ないし、ある程度の規模でも対応できるし、時間的にも短いので重いバケツは持ってかなくて済みそう。
ハサミ一本でどこでもワークショップできちゃうじゃん!すばらしい。
テーマを決めて、豪華なアレンジ作るのも楽しいけど、小振りのミニアレンジは汎用性が高くて、まだまだ応用できそう。
小さなカフェとかのオファーにも対応できるしね。なかなかよいのでは?

先日、友人の結婚式の二次会で、最後に飾ってあったお花を参加者に配るシーンがあったのだけど、ちょうど持ち歩いていたフローリストナイフ(花用ナイフ)が花を切り分けるのに役にたった。
初めて、花のスキルが一般場面で役にたった。ナイフ一本で仕事ができるなんて板前さんくらいかと思ってたけど、こういうのも工夫次第でいくらでも応用できそう。
こういうお気軽シンプルワークショップをいくつか開発しておけば、いろんな場面でとっても使えるし、営業の可能性も拡がるしね。とてもよい勉強になった。

さぁて、次はなにやろうかなぁ。あ、来週もりゅーカフェだ。
そろそろ新しいワークショップでも開発しようかしら。
こういうのやってっていう希望があれば開発します。もしくはオーガナイズします。
ヒプノはそんな感じで大成功だったし。実際とても面白かった。
これは来月のチャネリングワークショップに活かします。

さてと、眠くなったので寝ます。
今日も良い日だった。
おやすみ。
ありがとう。







 

秋の日

October 21 [Wed], 2009, 21:31

 
穏やかな秋らしい、一日でした。
空気が本当に澄んでいて、風が見えない清流のように、ずっと部屋を吹き抜けていました。
竹でできたウィンドチャイムが、ずっとカラコロと鳴っていて、洗濯物をたたんだり、ご飯を炊いたり、そんなのんびりしたオフの一日。
夕方にお昼寝をして、目が覚めたら、もう暗くなっていました。
なんか秋は、だんだん空が高くなるにつれて、自分も引き伸ばされていくようで、拡がってしまう感じです。
今夜はオリオン座流星群の極大日なので、少し夜の散歩をしてみようと思います。




さて明日は久々、Ryu's Cafeです。
お花でも作りながら、のんびりやります。お暇ならご一緒に。来週もカフェのオファーをいただいたので、新宿でやらせていただきます。
 
10/22(木)
〜Ryu's Cafe & ミニ花WS〜 @西麻布HITサロン

10/27(火) 
Ryu's Cafe @図書館カフェ


それではよい秋の日々を。
ありがとう。







 

Ryu's Cafe @図書館カフェ

October 21 [Wed], 2009, 21:15
 
Ryu's Cafe @図書館カフェ


10/27(火) ☆Ryu's Reading Cafe(14:00〜16:00)

『旅人の樹』主宰りゅー による、まったりとっぷりなカフェタイム。
今回は新宿、図書館カフェよりお送りいたします。
あなたの今とこれからを、readingしつつ、あまくからく、
お一人ずつメッセージをお伝えしながらお話しします。
秋深まる午後に、そんな時間をご一緒できたらと思います。
お待ちしています☆


参加費:¥2995

定員 7〜8名さま

オプションとしてパーソナルエッセンスというのを追加してみました。
内容はアルコールと、太陽の波動で清め、波動調整したお水をベースに、その人の必要に応じたエネルギー転写を、その場で行って作製します。
フラワーエッセンスのような個人服用用、エネルギープロテクション用のお守り用等にもご使用いただけます。(一本(20ml) ¥2995 )


:図書館カフェ∞新時空御縁∞

店主 平井克也(ヒライらま)
【営業時間】12:00〜21:00(定休日なし)
【電話番号】03-6380-5892   
【メール】skmhirai@yahoo.co.jp
【住所】渋谷区千駄ヶ谷5−32−5 GSハイム新宿南口1階
(新宿高島屋近くの新宿パークホテル前のam/pmを新宿御苑方面に10m)
【交通】JR「新宿駅」新南口から徒歩7分
    JR「代々木駅」東口から徒歩6分
    地下鉄「新宿3丁目駅」E-7、E-8出口から徒歩3分
地図はこちらから 


ご予約お申し込みはメールフォームより承ります。
当日飛び込みも大丈夫ですが、人数が多かった場合は予約優先になります。


+。:.゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚+。:.゚.:。+゚


ラマさんよりこんな紹介をしていただきました。
がんばります。

*-*-*-*-*

☆Ryu's Cafe @図書館カフェ

来週は、『旅人の樹』主宰していらっしゃる「りゅー さん」が、図書館カフェに初登場します。
彼は、セラピー、ヒーリングの仕事と、フラワーアレンジメント講師をしている マルチな才能をもった方です。
彼のリディ−ングは、とても素晴らしく、私は一度やって頂いたのですが、何も話していないのに、私の今抱えている課題をずばり当て、それについてわかりやすく、丁寧に、解決策を教えて下さいました。
私の質問に答えるのでなく、私のエネルギーを見るだけでわかってしまうのです。
そんな彼の素晴らしいリディ−ングを、8名枠限定でやらせて頂きます。

*-*-*-*-*







 

日々の計らい・今日の花

October 14 [Wed], 2009, 1:22

 
さて、例によって火曜の午前中はお花の講座でした。
今日は一人キャンセルし忘れがあって、お花が1セットあまったので、先日東京サロンをオープンされたばかりの知人にあげようと思ってお花を組んでみました。
あんまり大きいと移動も大変だろうから、私としてはそれなりに小振りに。

忙しい方なので、捉まるかどうか怪しかったのですが、電話してもつかまらないので、とりあえず出かけてみました。
疲れてたのか、降りるはずの駅に寝過ごして辿り着けず、戻って向かったところ、ちょうど直前に彼のセッションを終えた方とすれ違ってご挨拶。
これでベストなタイミングだったみたいです。これもきっと計らい。
素敵なサロンでした。あんな素敵な場所に大きなサロンがあると便利そうです。

はからいと言えば、午後は急遽入ったセッションを一本させていただいたのですが、先日、財布を盗られてから祈った祈りが届いたらしく、今月はお蔭様で忙しいです。
お金のないときは、そこからさらに思い切って使うと、空いたスペースに勢いがついて、さらにたくさん入ってくるみたいです。
天を仰いで、財布を盗られて困ってるので仕事連れてきてくださいとお願いした甲斐がありました。
なんとか、損失を補填して通常レベルまで回復。

週末のワークショップにも出られそうです。
あ、こちらもおすすめですよ。今回は僕も参加者なので楽しみます。
1日で、「ハイアーセルフ」「インナーチャイルド」「過去世」「未来」の催眠療法を楽しみながら実践できる、とてもお得な講座です。
今5名の申し込みを頂いてます。残席あと1名。

『ヒプノセラピー実践講座』


明日も朝からお仕事〜♪
楽しみます。毎日ハッピーでありがたい。







  

新セッションメニュー

October 11 [Sun], 2009, 3:17
 
今日は、朝から仕込んだカレーで、夜は恒例カレーパーティーでした。

なんだかんだで、10人くらいの方が集まり、とても楽しい夜でした。
不思議な夜で、なんだか時間の流れが遅く、まったりと、いつもの感じに。
そんななか、素敵なあだ名(大天使ムニエル(mark)や琴天使サマヨエル(宮田さん)が生まれたり、演奏があったり、いつの間にか、それぞれの持ち味を活かしたミニセッション大会になってましたが。


今回初めて作ってみた豆乳チーズケーキは思いの他、好評でした。
次回気が向いたらまた作ります。


いつもうちのイベントで演奏してくださる、ライアー弾きの宮田さんが今日も演奏してくれました。
みんな気持ちよさそうに寝転がって聴いていました。

そんな流れで、彼はヒーラーとしての才能もかなり高いと思ったので、新しいコラボセッションを一緒にやってみようということになりました。
僕のエネルギーワーク(クラニオ)の最中、後でずっと彼が、その人のためだけのライアーのライブ演奏をしてくれるという、贅沢三昧セッションです。
本当に垂涎物の贅沢セッションです。(自分は受けられない orz...)


コラボレーションメニュー


試してみたい方は是非ご連絡下さい。
これは自信を持ってお勧めできます。


よい夜でした。
ありがとう。







 

緑の太陽

October 09 [Fri], 2009, 13:34
 
 
台風が過ぎ去った翌日の朝日… うぅ、まぶしい。
この朝は空気がとても澄んでいて、最初の光が緑色に見えました。
アフリカとか、とても広い地平線のある、澄んだ空気のところで、光がとても
長い距離を渡ってきたときに見えるらしい、伝説の緑の太陽を目撃しました。
美しかったー。

最近夜更かしが続いているので、リズムを戻さねば。
体内時計のまま生活していると25時間なので、だんだんずれていくそうです。
一周回して朝方にするか。 朝は一日で一番美しい時間です。

さて、カレーの仕込みと洗濯でもするかね。
今日はオフ。







 

りゅーカレー -秋-

October 09 [Fri], 2009, 1:07


台風一過ですね。今回の台風はいろんなものを持っていってくれたようです。
押し流されてきれいになって、とてもすっきりした夜です。
(災難に遭われたかたには申し訳ないですが)


さて、今週も野菜が来たよ。
素敵ニンジン、じゃがいも、秋ナス・・・ 
あぁもう、こりゃ久しぶりにやるかね。

秋のカレーナイトやることにしました。

前回はまだ夏だったものね。
爽やかなトマトベースのカレーでした。あれはうまかった。
この間は蒸し野菜と湯豆腐でしたな。

今回は戻って特製野菜カレー再びです。新たな隠し味を仕入れて来ました。
どうなるかはお楽しみ。秋っぽく濃厚になる予定です。

とりあえず、画像著作権のあまりなさそうな、酵素玄米野菜カレーの写真があったので、
参考までに。こんな感じのご飯です。(イメージ画像)
でも実際には野菜ごと煮込みますので、上に乗ってるわけではありません。

あ、そうそう日時は10/10(土)の19:00pmくらいからの予定です。
明日のうちに仕込みに入ります。
またチャリティーにも回したいので、値段は¥1500で。
一応メールフォームか、直接お申し込みください。

飲み物、おつまみ、一芸持参歓迎です。
よろしく〜。







 

〜 Ryu's Cafe 〜 秋

October 07 [Wed], 2009, 14:32
久々やります。カフェ。すっかり秋になってしまいましたなぁ。

 
 ☆〜 Ryu's Cafe 〜☆ 

なんだかんだで、季節を変え、場所を変え、かれこれ6回目です。
恒例『旅人の樹』主宰りゅーによるカフェタイム 〜 Ryu's Cafe 〜
今回は午前中、フラワーアレンジメントのミニワークショップ、
午後はReading Cafeの2本立てとなりました。


10/22(木)☆午前の部 (10:00pm〜12:00pm)

 ミニフラワーアレンジ ワークショップ 
テーマ:マグカップフラワー

気軽に作れて飾れる、小さなお花アレンジのワークショップをやって欲しいという要望に応えて、今回初の試みである、ミニフラワーアレンジのワークショップをやってみようと思います。
HITサロンの一階にはお花屋さんがあるので、そこで、それぞれ好きな花を買い、持参したお気に入りのカップや器に、アレンジメントをしてみます。
手軽に作れて、どこにでも飾りやすい、小さなカップで自分の作品を作ってみませんか。
その後は恒例、作品からリーディング等もしてみます。

〜flowercommunication〜

フラワーアレンジメント作製と、その作品からリーディングして行う、フラワーセラピーです。花に触れ、深い感覚を使って交流しながら、フラワーアレンジメントをつくります。
自分の感覚を植物に向かって開き、そこに自分自身と向き合いながら作品を作り、出来上がったアレンジから、現在の自分の状態に対する簡単なリーディングを行います。

持ち物:新聞紙、花ばさみ、作品お持ち帰り用の袋

参加費:¥2000 (+花材費別 それぞれ好きなお花の実費)





(途中1時間お昼休憩あり☆)



10/22(木)☆午後の部 (13:00〜16:30)

 Ryu's Reading Cafe 

『旅人の樹』主宰りゅー による、まったりとっぷりなカフェタイム。
あなたの今とこれからを、readingしつつ、あまからく、お一人ずつメッセージをお伝えしながらお話しします。秋深まる午後に、そんな時間をご一緒できたらと思います。
お待ちしています☆

参加費:¥3000

定員 7〜8名さま

その後(16:30〜18:00)
希望があればCafeタイム後に 個人セッション等も行います。
※2〜3名様までご予約可能です。(30分4000円)
オプション・パーソナルエッセンスのエネルギー調合(1本/20ml¥2500)


会場
H.I.T. Design Salon
東京都港区西麻布1−12−1宅間ビル4F
東京メトロ日比谷線六本木駅、2番出口より徒歩10分

◎H.I.T. Design Salon への行き方
日比谷線六本木駅から、2番出口を出て、(右手にMEIDIYA/明治屋)
六本木通り(首都高速3号渋谷線が上方に平行) を渋谷方向にまっすぐに進みます。(700mくらい、徒歩10分弱)
418号に交わる西麻布交差点の少し手前で「赤から屋」さん(飲食店)のでかい看板が視えますので、その道を右折します。
少し先の左手に、お花屋さんがありますので、その角を左脇に入り、同ビルの入り口から、ほのぐらい階段を上って4階がHITサロンになります。(宅間ビル4F)全部で徒歩10分くらいです。


その他:
通しでご参加の方の昼食は、ご持参頂くか、近所の飲食店ですませて頂くなどになります。よろしくおねがいします。


ご予約お申し込みのご連絡はメールフォームにて、ご予約おまちしております♪
お名前と、午前、午後、通し参加予定等、それぞれご記入くださいませ。
折り返し、確認のご連絡をさせて頂きます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。







 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りゅー
  • アイコン画像 誕生日:2月21日
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
セラピスト・ヒーラー
チャネラー・ティーチャー
イベントオーガナイザー
フラワーアレンジメント講師
作家(予定)


TweetsWind
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ