自分で決めるということ

April 27 [Tue], 2010, 23:09
 
ある電話セッションのアフターフォローメールより一部抜粋。
結局AにするかBにするか決めかねている方へ。
自分自身や他の方のケースにも役に立ちそうなので、覚書として。


*-*-*-*-*

まず、何かを選択する際に保障を求めるのをやめなくてはなりません。
それが必ずよい結果を生むからという保障を拠所に選択しても、それがあなたの自由意志を反映し、自らを成長させることにはなりません。

何かを選ぶときは、それがもたらす如何なる結果も、自分自身の選択の結果として受け取るということ。
それが自分の意思で選ぶということです。

自身の責任を回避した有益な選択はありえません。
いずれにせよ、その結果を受け取るのは自分です。
そのときに、誰かあるいは何かの保障を理由に選択すれば、私たちは望まぬ結果がやってきたときには人のせいにして、その結果を自分で引き受けようとはしないでしょう。
そこには成長はありません。

しかし自分の選択したこと、あるいは選択しなかったことの全てを自らの責任で引き受け、その上で進めば後悔はありません。
自分に起こるあらゆることの責任が、自分の内側にあることを引き受けるとき、初めて自分の人生を、自身で創造していく自由が与えられます。

私たちが何を動機に、何を選択するか。
それが私たちの人生の全ての原因であり結果です。

あなたが発した波動に共鳴したものが、人生に訪れます。
あなたが投げ込んだ石の波紋が、池の縁に跳ね返り、また中心に戻るように。
どんな石(意思)をどのくらいの強さで投げ込んだかが、受け取る現実になって現れます。
喜びよりも恐れが強ければ、それがあなたの受け取る一番大きな波紋(結果)になります。

あなたの感じている思いが、それと同じ思いを生じる現実を創造しています。

恐れからではなく、まっすぐな心で選ぶように。
あなたの心の奥にしたがって、自分が一番大切にしたいことに従ってください。
頭ではなくハートに従ってください。そこに自分の真実を感じてください。

一時的な感情や一時的な快楽に流されないように。
それでも本当に選びたいものであるかをよく見てください。
その上で自分の責任で選びましょう。
誰かが代わりに選択してあげることはできません。
安易に誰かに結論を出してもらってはいけません。
自分の奥の真実、本当に大切にしたいものを、よく感じてください。

あなたが何を受け取るかではなく、あなたが何を与えられるかを主におけば、如何なる関係においても成長することは可能です。
ましてそれが愛に満ちた関係であるならなおさらです。

あなたが与えたものが、より大きな循環になって、あなたが与えられる現実(量)を決めます。
受け取りたい在り方を選んで、意識的に行動してください。

何をするかではなく、どのような思いを込めてするかが重要です。
それがあなたが受け取る現実の質を決めています。

あなたの出来る最良のこと、あなたの選べる最良のことは何か。
自身と愛するもの全てにとって最良のことは何か、よく感じて選択し行動してください。

ありがとうございます。


*-*-*-*-*







 

今日の花

April 20 [Tue], 2010, 3:05


千葉出張の日でした。
木更津方面で、初お花ワークショップ開催。
個人宅で5人くらいでこじんまりとやってきました。

木更津方面にはなんかご縁があって、割と数ヶ月に一度くらいの感じでヒーリングの出張が入ります。
一説にはヤマトタケルゆかりの地らしく、奥さんがその地で亡くなって、君はここから去ることはない、”君去らず”が木更津の語源だとか。

そんなこんなで楽しくやらせていただきました。(今日の花写真↑)
お蔭様で今月はお花ワークショップの依頼が多いです。


が、先ほどまさかの失態発覚。
明日午前に開催予定の、花講座の花材発注ミスが発見される。
こ、これはなんという大チャ〜ンス

なんと明日の朝に必要なお花が届きません。
んー、やばいねぇ。すでにどこにも連絡できない時間だし、朝一では花屋も開いてない。
午後にも別の場所でワークショップがあって、そっちの発注に気をとられて、午前の部の発注をさっきまで忘れていたという、ちょっとこれは言い逃れの出来ない失態。なんということだ。

やれやれ、忙しくて浮き足立っていたか。猛省。
そして20秒で切り替える。さて、どうしたものか。
修羅場になるほど、感情も頭もクールになるから不思議。
多分、大抵の問題の答えは、その場に既にあるという信念がある。

頭を下げるのは簡単だけど、お客さんの満足を損ねず、かつ信頼を失わずにピンチをチャンスに転化できる方法はないか。
この場合の最善手はなんだ…。


ポク・ポク・ポク・・・チーン

・・・あった。

これならなんとかいけるか。
リスクもダメージも最小限で、うまくすれば今後の参加者の満足度も回復できるかも。
当日の予定キャンセルとなれば、それを埋め合わせるなら、最低その1.5倍くらいのリターンがないと…とか鑑みながら、カリキュラムスケジュールをにらんでたら、これしかないというポイントを発見。
よかった、これで参加者の失望をなんとか最小限にくい止められる。

もう6年くらい、毎週一緒に講座に参加してくれている人々なので、割と僕のドジも大目にみてくれる。とはいえ、楽しみにしてくれてるのをできるだけ失望させたくはない。
花の講座のしばらくないゴールデンウィークに、直接自宅配送で、いつもの1.5倍の季節の花を届けられるルートで目処がたったので、今回はそこに振り替えが利きそう。
これなら謝罪としてもなんとか筋が通りそう。
ふぅ、そんなこんななやれやれな夜でした。


明日はまた、恵比寿の美容院で花とリーディングWSです。
こっちはちゃんと用意してあります。
お花でプードル作ったり、リーディングCafe体験されたい方は、まだ多少は枠があるみたいです。よろしくおねがいします。
ちなみにこれが前回の花リーディングcafeの作品です。(写真↓)

それではまた〜。おやすみなさい。












 

明日鍋やりまーす

April 17 [Sat], 2010, 19:59
 


昨日から急に寒くなりましたね。
葉桜に積もる雪が見られるとは思いませんでした。

ちょうど行きつけのお豆腐やさんのポイントが貯まり、
特注特大ざる豆腐が手に入りました。
せっかくなので、皆でシェアして食べたいので、久々りゅー's 鍋やります。
木の花農園の有機野菜と、巨大ざる豆腐とで、熱々鍋にいたしましょう。

おからパウンドケーキ等、多少のスイーツも用意しました。
お酒とか飲みたい人は飲み物持参してね。お茶は用意してあります。
それではまた明日夜に〜。



*-*-*-*-*

〜 りゅー's 鍋〜


時間:4/18(日)19:00〜22:00pmくらいまで
      (18:30旅人の樹開場)


場所: 旅人の樹にて


参加費: ¥2000
利益の一部は、ネットワーク地球村、国境なき医師団等を通じて、
世界の人道支援、食糧支援などに寄付されます。


一品、一芸持ち寄り歓迎です。


お申し込みは「メールフォーム」よりお願いします。
場所が分からない方には折り返し、メールいたします。


*-*-*-*-*







 

桜の頃過ぎて

April 13 [Tue], 2010, 1:50

 
大切に過ごしたい大好きな季節も、いつの間にか移り過ぎて、こんなに寒くて冷たい雨の中にも、手加減にも似た温かさが混じっています。

雨に半分以上を流された、最後の桜の花に今年もお別れを言って、今日も深夜の帰り道を歩いて帰ってきました。

毎日が忙しく過ぎていってしまうとしても、過ぎ行く大切なものを、きちんと受け止めて見送る気持ちは、忘れないでいたい。

それでも今回はずいぶん長く、その姿を見せていてくれました。ありがとう。
毎年逢いに行く桜に、今年もなんとか間に合いました。

必ず過ぎていってしまう大切な時間を、あと何度見送れるのだろうかと思うときほど、与えられた時間の有限さを強く感じます。
この花にあとどのくらい出会い、見送れるのだろうかと。

人の命も、樹の生命も、花のイノチも、究極的には同じ目的で、ただ在るのだとしても、それでもその出会いの中で動いた何かは、私達の交わした確かな軌跡として、宇宙のどこかに刻まれていく。

水の波紋の中には、それまで交わった全ての波の情報が含まれているそうです。
言葉なく交わした気持ちだとしても、誰に知られることなく過ごした時間だとしても、いつか自分の受け取ったものや、与えたものが、この宇宙のどこかに残されていくとしたら、日々感じる思いの一つ一つさえ、大切に受け止めていきたいと思います。

また来年、会いに来ると小さな約束をして、いつか歩いた道を辿り、もう繰り返しではなくなった道を、戻って帰る。

たとえ記憶の中にでも、帰れる場所があるのなら、人は日々の中にあっても、己の真実を見失わずにいられるのかもしれません。

毎年の儀式のように見上げる、この花を透かした空に、いつかの自分の
思いを重ねて、歩いてきた足跡を確かめます。
あの頃の思いに恥じぬよう、生きているだろうか、歩いて来れただろうか。

また来年、これでよかったと思えるよう、歩いていけますように。


ありがとう。







 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りゅー
  • アイコン画像 誕生日:2月21日
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
ヒーリングスペース 旅人の樹 主宰
Inspiring People to There Authenticity

旅人の樹ホームページ

http://tabibitonoki.org/


TweetsWind
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE