我風アラビアータ

November 30 [Tue], 2010, 23:06

 
諸事情あって徹夜。
昨日からの肉体労働(超大掃除)が響いて、一日筋肉痛です。

久しぶりに、朝起きたら(二時間くらい寝て)、体が素晴らしい疲労痛に。
心から誰かのトリートメントを受けたくなった。
マッサージかクラニオか、誰か何かなんでもいいからしてくれという感じ。

腰も背中も腿の裏も、バリバリの筋肉痛。筋肉って偉いって思った。
腿裏がちゃんと痛くなるあたり、内転筋や深部筋肉も使えているのかなとか、妙に冷静な分析をしている自分がいる。

そのまま花の講座と午後のカフェ仕事に行って帰ってきて、さっきまでへばっていた。
今日のりゅー'sカフェ(@恵比寿美容院)は人がいなかったので、美容師の清水さんに髪だけ切ってもらってきた。
きっと神様のくれたおやすみ。ありがたい。
彼は知る人ぞ知る凄腕美容師なのでおすすめです。

帰って転寝してたら郵便屋さんに起こされて、少し寝たのでちょっと復活。
徹夜ハイをそのままに、なぜか急にヤル気モードに突入。

自分のために最高の料理を作って労ってやろうと、
トマトを潰して煮詰めるところからアラビアータ作成し始める。
野菜とガーリックとホットなスパイスを体が欲している。

アラビアータはちゃんと最初から作ったことはないけど、まぁ何とかなるだろう。
次々家にある野菜をフライパンに投げ込んでいく。
幸いさっきちょうど、新鮮な今週の有機野菜が届いたところ。

確かトマトはトロトロだったから煮詰めるんだろうとか、想像しながら適当に味付けしていく。
料理の本はほとんど見た事がない。どうせ読んでもその通りには作らない。
俺が好きな味は俺が知っている。

やっぱり、ガーリックと唐辛子が基本だ。
後は味がぶつからないように、素材を重ねて合わせていけばいい。

料理とフラワーアレンジはよく似ている。
どちらもそれぞれの命が最も生きるように、野菜や花を配置していけばいい。
尤も、広い意味では人間も一緒だから、素材と生命のポテンシャルを見抜いて、引き出す点ではカウンセリングも同じなんだろうけど。

そんなこんなで、アラビアータ完成。
んー、スパイシー。いい味に仕上がっている。
ほら、なんとかなった。

これ食べ終わったら眠くなるんだろうなぁとか考えながら、お茶を淹れつつ日記書き。
アールグレイにBAILEYS(クリームリキュール)を垂らして、黒糖胡桃かじりながらお茶中。これ終わったら今日は寝ます。おやすみ〜。

明日はもう十二月かぁ。
どうなっていくのかなぁ。楽しみ。

ありがとう。







 

秋色の道

November 28 [Sun], 2010, 2:46

 
今日は夜、同窓会だったので一日オフにした。
ちょっとゆっくり過ごそうかと思ってたのに起きたら昼だった。

少し家事をして、夕方まで時間があったので、隠れ家的にたまに行くcafeに向かってみる。
外に出たら、落ち葉が公園の底一面に敷き詰められていた。


毎日どんどん陽が短くなって、季節の移り変わりに追われるように、木々の葉が色を変えて、大地に積もっていく。
毎日失われていく残りのお日様の光を集めて、陽光の色を葉に託して、大地が冷えないように、落ち葉で覆い包んでいく。

そんな木々と大地の交わす静かな抱擁。
言葉のない自然の中の優しい交流。
少しずつ季節は塗り変えられていく。
うっかりすると秋を見逃してしまいそう。

残り陽を集めて重ね色布団

思わず写真を撮り、せっかくなのでそれに添える一句詠んで、
なんだか素敵なギフトを頂いた気分になる。

カフェに行く途中の多摩浅間神社にご挨拶して、空を見たら夕日の最後の残光が消えるところ。
夕暮れの空は、いつも少しだけ寂しいきれいな気持ちをくれる。
あたたかくて、ありがたくて、だけど世界に向き合う自分のひとりさみたいなものを思い出す。


隠れ家cafeでココアを頂く。
そこで草木染めのロングマフラーを見つける。
(ギャラリーカフェでもある)
大麻のラックダイ手染め。

なんだか薄桃紫のようないい色で、そこにあった染めの中では一番訴えるものがあったのだ。
古くは花没薬(はなもつやく)の名で知られ、インドからタイ・チベットの山岳地帯で使われるらしい。

なんだか麻を巻きたい気分だったので購入。
着るとやっぱり楽だった。
麻は思念や電磁波から、人の意識や体を守ってくれる力がある。
おまもりみたいに温かく守られている気がした。
お日様色の葉布団をかけられた大地はこんな感じなのかもしれない。

出ると、すっかり暗くなっていた。
今日は本当に空が澄んでいる。帰り道の月もきれいだった。
月まで何も遮るものがない。

その後、15年ぶりに高校の同期の同窓会に行く。
今回が初開催。よく連絡が着いたものだ。
幹事はほんとお疲れ様です。ありがとう。
全学年同期の約半数に連絡が着き、その約半分が参加。60人くらい。

仲のよかった人達はあんまり来てなかったけど、ほとんど話したことのなかった人たちとたくさん話せた。
彼らの変化にも驚き、普通に話せるようになっていた自分の変化にも驚く。
きっと自然に心開けず、構えたり怖がってたりしてたのは自分なんだ。

思春期よりは成長したんだなぁと実感する。
自分の周りの壁はきっと、以前よりは薄くなったみたい。
心を開けば、人はみんな優しい。
ありのままいたらきっと、世界はもっと広いのだろう。

そんなこんなで、なんだかごきげんだった一日。
自分の来た道が、素敵なものだったと思い出せてうれしかった。
みんなありがとう。またどこかで。


ありがとう。




*-*-*-*-*


あと明日11/28(日)はヘナ会〜。まだ間に合うよ。

11/30(火)はRyu's Cafe@恵比寿〜。こちらもお待ちしてまーす。


    







 

切換え

November 27 [Sat], 2010, 3:34

 
なんだか気持ちがすっきりいろいろ入れ替わって、切り替わって来た感じ。

今月は過ぎるのも、動きも早かった。
この間、奄美行ってたと思ってたのに、もう一ヶ月だって。
こんな素敵な季節を感じないまま過ぎちゃったらもったいないね。

明日は昼間ちょっと本もってぶらり散歩でもしてきます。
夜は15年ぶりの同窓会。これもいろいろ面白い人に会えそう。楽しみ。

ペーパーバックになって出てた「バーテンダー」を読む。
サービス業と一流のなんたるかを思い出し、初心に帰る。
いかん、慢心して停滞していたかも。謙虚に怠らず弛まず進もう。
気持ちを改めて入れ替えていきます。勉強しよう。
自分がどうなりたかったかをはっきりと思い出そう。


ありがとう。


あ、日曜ヘナ会です。
ヘナトリートメントしてもらいたい方はどうぞー。
お待ちしてます。









 

カーネーションとの対話

November 22 [Mon], 2010, 0:11

 
ふーむ、先週中に編集に出しますといった、本の目次草稿が進まない。
今週末はそれに当てるつもりだったのに、気がつくともうすぐ日曜日終わっちゃうよ。やれやれ。

今日は明日のカレー用の酵素玄米炊いたり、
洗濯したり瞑想したりしてたら夕方になってしまった。
お米が美味しく炊き上がったので、
特権として「おこげ」をいただきながら夕食をとる。


その後、ブレインストーミングに入るべく、白紙の束を持ってリビングに広げながらセルフチャネリング。

先方(編集さん)は植物や花に関することを書いてほしいらしい。
もうすでに何度か練り直しているんだけど、通らず。
どうしたものか。

先日のお花ワークショップで作ったアレンジが、目の前で気持ちよさそうに咲き誇っている。
ぼんやり愛でながら眺めていたらチャネリングが始まる。

対話していたら、貴重なアドバイスが降りてくる。
これは久々に観想(テオリア)が書けるか?などと考えながらも、とりあえず紙に書き散らす。
[観想(テオリア) : アウトプットの試みとして行っている自分のためのチャネリング対話集]

目の前の真っ赤なカーネーションが無邪気にエネルギーをくれるのだけど、それを変換するのが僕のハイアーセルフなので、出てきた文章はこわもて。ふーむ。



観想(テオリア) 11
*-*-*-*-*

仕切りなおして、どういうものを世に出したいのか、何を残し、表現したいのかというのを突き詰めて感じていたらヴィジョンが降りてきた。

世界樹の庭
静寂に満ちた巨大な光の柱
調和の表現 ただそれだけを連ねたもの
波動を光の波紋のように拡げる etc…


花に聞く 天地をつなぐ
花のあり方から受け取り、伝える?

どういうのを書いたらいいですかね?


(以下” ”内はカーネーションのハイアーセルフの言葉等諸々)


”伝えようとしなくていい。
ただひろっていくこと。
そこにある気付きや言葉を、贈り物のように。
(森にこぼれるドングリのイメージ)

書こうとして書いたら、あなたの言葉ではなくなるよ。

生命(イノチ)はあまねく満ちている。
目的はない。

(宇宙)生命(イノチ)の本質を伝えるのに段取りはいらない。
ただ体験して、満たされればいい。

あなたが満たされて、、それを溢れさせて伝えるのだ。
あなたの中に愛ある言葉を探せなければ、どこにも見つからないよ。

愛、生命(イノチ)、宇宙について書きなさい。
遍くすべてに宿る、生命(イノチ)の働きを表現しなさい。

生命の中にある、真なる生命(イノチ)の輝き、
宇宙の光、真理を表現しなさい。

あなた方は愛の一部であることを。
世界はそれを許容し、学び、参加し、拡げ、伝えるための場なのだ。

生きとし生けるものを愛するために、あなたの内なる生命(イノチ)を愛し、
それを通して大いなる宇宙の源へ、皆が再び還りつながるために、
生(命)の本質を受け取り、それを伝えなさい。

花は最も身近な生命(イノチ)の形だ。
花の生命(イノチ)にふれることは、あなたの生の形にふれることだ。

それは、あなたがなり得た、もう一つの生命(イノチ)の器の姿であり、
宇宙と生命(イノチ)のもう一つの表現に過ぎない。

あなたの中に、花の生命(イノチ)を見なさい。
花の中に、あなたを見い出しなさい。

あなた方は、常に他者の生命(イノチ)とつながっている。

あなたが心を込めて交流するとき、お互いの生命(イノチ)は交わり、
その生命(イノチ)の光が交わって、互いの生命を強く輝かせる。
それを愛という。

(白く熱せられた金属線同士が交わって、明るい火花を散らせるようなイメージ)

宇宙は生命(イノチ)の交わりで彩られ、輝きを放つよう織り込まれ、
デザインされた一つの巨大な織物なのだ。

その織物を紡ぐ織機、あるいは織場がこの星、地球なのだ。
この場でしか、紡ぐことの出来ない模様、デザインがあるのだよ。

あなた方は理解しているだろうか。
自分たちがどれほどの恵みと、愛の中に育まれているのかを。

一つの宇宙が形ある生命(イノチ)を生み出すまでに、
どれほど壮大な愛ある光と意志が働き、見守り、支え、育んできたのかを。

生命(イノチ)を見なさい。
互いの存在を受け取り、交わり、その営みに自らの意思を持って参加しなさい。

その時あなたは、己が誰であるかを知り、生命(イノチ)の意味を知るだろう。

花の生に理由を尋ねてはいけない。
彼らの存在そのものが理由なのだ。

生命(イノチ)の意味は、それを純粋に生ききることの中にしか存在しない。
それを学びなさい。

花の生命(イノチ)を通して、あなたが伝えるべき真実は、
究極的にはそれ以外にはない。

だからあなたは、あなたの言葉で語らなければならない。
人に届くのは人の言葉だ。
あなたの真実であるならば、その言葉は誰かに届くだろう。

あなたの(花との?)交わりを描きなさい。
あなたの真実と交流を描けば、そこには伝えるべき生命(イノチ)の欠片が表現される。
そこにあなたの生命の輝きを写し取り、伝えることが出来るだろう。

毎日問い、毎日語りなさい。
伝える者であろうとするならば、それを恐れずに行いなさい。

愛してるよ。
ありがとう。



*-*-*-*-*



ありがとう。
カーネーションに諭されました。

ハイアーセルフ経由のメッセージを、現実レベルに還元するのは難しくて大変です。さて、ここからどうやって目次にしていくか、再考ですが、もう少しがんばってみます。


ありがとう。







 

スパイシーデイ

November 20 [Sat], 2010, 23:56
 
久々、ゆったりな週末。

締め切りがあるので、今週は書き物しなければならないのだけど、
昼間はどうせ仕事にならないので、買い物やお散歩などうろうろ。

月曜の夜に満月カレーナイトをやるので、それに合わせて食材調達。
野菜やらワインやらスパイスやら、目一杯買い込んできた。
1万円分くらいは使っちゃったかな。

ボジョレーヌーボーとか出てるかなと期待していたんだけど、まだだった。
よさげな感じのロゼと、試みにスパイスセットを購入。
あと週末だけ開く近所の青空八百屋さんで、野菜や箱ミカンや諸々を購入。
ちょっとしたお菓子とか、隠し味になりそうなものをいくつか買ってたら、気付けばすごい量に・・・

ちなみにワインは野菜を煮込むのに使います。
うちのは野菜の水分とワインだけでじっくり煮込むベジカレー。
今回はさらに油分等含め、全て植物性原料から作ったビーガン仕様です。
それを万能健康食、酵素玄米でいただきます。

そしてさっき、買ってきたスパイス類から、カレー粉を作成してみた。初体験。
20種類くらいのスパイスを全部ボールに入れて、まぜまぜ。
フライパンで、少しだけ油を入れて、混ぜて炒めてほんのり焦がす。
あとは密閉容器でこのまま熟成を待てば、秘蔵のカレー粉約20人前が完成。



せっかくなので明日あたりからカレーを作り始めて、一晩寝かせて味を調えようかな。
季節が冬に入ってきて、体が切り替わりの調整期間なので、それに合わせたデトックス&滋養カレーの予定です。さてどうなるかな。

そんなわけで、月曜の満月は、Happy Curry Night♪
いつもどおりチャリティーで行います。一品一芸の持ち寄り歓迎。
翌日も祝日だし、楽しい満月夜をすごしましょう。

ありがとう。




*-*-*-*-*

Happy Curry Night♪

すっかり寒くなってきましたね。
今月のカレーナイトは満月祭です。

有機野菜と酵素玄米のベジカレーです。
今回はスパイスからカレー粉を調合してみました。
友達のダンサーや音楽家、アーティスト達がたくさん来てくれるみたいです。
たくさん素敵なものを分かち合えますように。

11/22(月・満月) 18時開場 19時開演

ありがとう。



*-*-*-*-*


ちなみに翌日は、森のテラスにて恒例まったりのんびりお茶会。Ryu's Cafe@森のテラス (11/23(火・祝)
通称ひなたぼっこカフェです。

大きな窓から注がれる、陽だまりの中、木洩れ日と鳥の声を愛でながら、
みんなでお菓子やお茶でも持ち寄ってのんびりしましょう。
リーディングやお話をしつつまったりな午後。

午前中は、ちょっと音遊びしようかなと思います。
11時くらいから、宇宙声明の音霊ワークもする予定です。
時間ある方は一緒に遊びましょう。


*-*-*-*-*


あ、翌24日(水)のお花ワークショップ
まだあと1名入れます。
今回は珍しい暗闇で光るお花を作るよ。


それではまた〜。
ありがとう。











 

11月のアカシックレコード

November 19 [Fri], 2010, 19:22
 
今日は第三週の週末ですなぁ。
どうも大事な日だったみたい。いろいろ動いてますね本当に。
動きの大きい時期なので、それを知っておくといいかも。



Akashic Transformations Net より転載
*-*-*-*-*

Akashic Records for November 2010
1 November 2010
Channeler: Jen Eramith MA


「11月のアカシックレコード」


☆ 2010年11月にはどんなエネルギーと体験が予測できますか?

今月は、全てが軽やかで、潜在的に容易になる感覚があります。このエネルギーを言い表すベストなイメージは、早い流れの川が曲がりくねりながら流れていく様子です。全ての方が、今月さらに勢いづき、物事は軽やかに、さらに早く動いていく感覚があります。

ですが物事が突然に容易になるわけではありません。と言うのは実際のところ、今月はチャレンジも含まれるからです。だから私たちはこの川は曲がりくねっていると言っているのです。
あなた方は継続して再調整しなければならず、それが今月のカギとなるでしょう。
ご自分自身を継続的に再調整していってください。習慣や癖の中に居続けずに、ご自分の環境によってアジャスト(調整)してください ―― 融通をきかせて、フレキシブルで、あなたのマインドを変化することに対して快く在ってください。今月これを行うことが、信じられないほど助けとなるでしょう。
もしあなたがご自分の環境とともに流れて、継続的に融通をきかせて変化をしていけば、今月あなたはとても早くご自分のジャーニーを前進していくことが出来ます。
今月は物事に対して抵抗しないでください。

川が曲がりくねっている時、何かが起こります。この部分の川岸は、浸食しはじめます。水が曲がっている部分の岸に飛び跳ねて、岸を侵食し始めるのです。それは泥や岩を押して、下流へと押し流していきます。
今月このようなことが皆さんに起こります。
抵抗をしていたご自分の古い部分、または今あなたの道に立ちはだかる部分が浸食されます。
現れる新しいあなた、喜びに満たされたいと願うあなたが成長していき、過去のあなたの全ての古いアイデア、古い限界の全て、あなたの行き詰っているどんな部分に対しても反発して、そういった部分を流そうと試みます。

容易に想像できると思いますが、もしあなたがこれに抵抗するのであれば、川岸はゆっくりした川の流れによって少しずつゆっくりと浸食されていくのではなく、地滑りが起こらなければならない状態となります。
もし川が岸を侵食していく時に岸の土をそのまま保とうと試みたとしたら、その部分の地面は結局は滑ること、全てが滑り落ちることをあなた方は知っていますね。地滑りが起こるのです。
抵抗して、全てを今までの場所、またはあなたがあるべきであると考える場所に留めようと試みるよりも、物事の変化に任せてください。これは、川がゆっくりと流れるに任せ、あなたが行き詰っている場所を安定して流していくのと同じことです。
もしあなたがそれを行えば、これは穏やかに、早く動いていくプロセスとなるでしょう。

今月は本当に素晴らしい、あなた方にとってとても素晴らしい月となるでしょう。ですがもし抵抗したら、あなたが物事をその場に保とうとしたら、あなたの人生の中には地滑りが起こるでしょう。それは、今月または来月の早い時期に、あなたを変化させるように仕向ける、物事を動かすような出来事が起こる、という意味です。これは脅しでも警告でもありません。ただ自然に起こるプロセスを言い表しているにすぎません。これは川が川岸に対して起こす出来事です。川がカーブに来た時に起こる事です。
あなた方は皆、現在ご自分の人生のカーブの部分に来ているのです。
それが今月起こることの全般的なセッティングで、エネルギー的に予期出来ることです。


☆ 私たちはこのエネルギーとどうワークすることが出来ますか?

一番重要なことは、融通がきくこと、変化を快く受け入れること、何を手放すことが出来るかを見続けることです。
どんな古い習慣やパターン、ビリーフシステム(価値観)があなたの前に立ちはだかっていますか?どうやってあなたは少しそれらを取り去ることが出来ますか?
全ての物事を理解する必要はありません。あなた方が起っていることの全てを理解する必要はありません。
あなた方に必要なことは、ご自分が現在いる状況を見て、ご自身に「今ここでこれをもっと良くするために私は何を変化することが出来るか?」と尋ねることだけです。
小さな物事を小さな瞬間に取り上げて、変化し、調整し、融通をきかせてください。
それを行えば、今月を通して少しずつ少しずつ全てがどんどん良くなっていくでしょう。

他に今月知っておくと良いことは、一人残らず世界中の誰もが、ある方法または他の方法でこのエネルギーに巻き込まれるということです。
現在、惑星地球上で人々は違った道に在り、今月のエネルギーが覆うことに対してよりセンシティブだったり、影響を受けやすいこともあるでしょう。
いくらかの方々は遠回りをして、ご自分の道を進むのは時々、ということもあります。また、いくらかの方、特にもしも今の時期にご自分の人生において今月のエネルギーがパーフェクトな場合には、あなたのソウルは集合的なエネルギーの中に入り、そのアドヴァンテージを得るでしょう。
今月は地球上の全ての人が、このエネルギーによって掃除されるような月のひとつです。
もちろんあなたが何者であるかによっていろいろな度合いがありますが、全般的に、今月あなたが見る人全て、あなたが話す人全て、あなたが関わる人全てはとてもチャレンジとなる変化を体験するでしょう。

ですから他人に対しての許しと恩寵を持つことはとても大切です。幸運なことにそれは適応と融通と手を取り合って進みます。あなたがご自分自身に対して融通がきくとしても、他人がその人自身のマインドを変えることに対しての場所を創ってください。「あなたに(すでに)そう言ったでしょう」と、ご自分の周りの人に言うようなことを控えてください。他人が、その人自身の変化のプロセスにあることに、いくらかのスペース、許し、恩寵を与えてください。
長い間抵抗してきた人がついに手放す時には、たくさんの勇気が必要です。そのような人に対して許しと恩寵とともに在ることで、あなたは、彼らが容易に変化出来るように助けることができます。
今月あなたがご自身の平和に向かうこと、また世界をよりよい場所にすることに向かうのは長い道のりです。
現時点において、世界をより良い場所にするために助けることは、あなた方皆の責任です。


☆ 今月についてキーパーたちが告げたいと願うことはまだ他にもありますか?

月の流れがシフトする感覚があります。第一週目くらいに、あなた方は勢いを感じて、物事が早く動き始めます。多くの方々は忙しく感じ始めるでしょう。あなたが実際的に忙しくてもそうでなくても、あなたはそう感じます。あなた方は物事が突然に早く動き出すシフトのように感じるでしょう。

もし今までにあなたが曲がっているところ、カーブの最高潮の感覚を感じていないのであれば、第3週目の終わりにいくつかの物事を明らかにしなければなりません。
11月の3週目の終わりは、あなたが曲がり角のところで揺れている時に起こるべき場所へとあなたをさらに押します。その時にあなたのプランを入れ過ぎていないようにしてください。多くの活動をプランしないでください。想いにふけったり、振り返ったり、ご自分のケアをするためのいつもよりたくさんの時間をご自分のためにとってください。11月の第3週は、ご自分のスケジュールにいくらかのスペースを開けておくことで、あなたはマインドの平和を発達させて、自分の人生に何が起こっているかの感覚を得るための時間を持つことが出来ます。

それ以外は、全体的に言うと、今月は変化のためのたくさんのスペースがある最後の月です。
今月の後には、あなた方の人生の全てが、ある方向または他の方向への安定していきます。
愛に向けて、または恐れに向けて、あなた方は愛と恐れの間のご自分の基本的な選択に基づいて、今年の残りを構築していきます。
11月はあなたが愛に向かって進み、恐れから立ち去る最終の選択をする素晴らしい機会だと考えてください。
今月はずっと、あなた方がご自身のパーソナルなチャレンジに出会うこと、ご自分の抵抗に出会うことを心に置いて、「私の愛はどこにあるか?」「私の恐れはどこにあるか?」「どうやって愛に向かって進むことが出来るか?」とご自分に尋ね続けてください。
もしそれを尋ね続ければ、あなたは残りの今年の段階をセットすることになります。

2011年とその後を通して、あなた方は今までよりもずっと間違いが少なくなり、ご自分がもっと楽になるような段階をセットしていきます。
今月は、あなたが愛に向かい、恐れから立ち去るコミットメントを確固たるものにするための素晴らしい機会を与えます。この機会を見逃さないでください。
注意を向けて、あなたができる一番パワフルな選択は、あなたが“今”の瞬間にする行うものであることを心に留めて覚えていてください。
全てを理解しようとしないでください。“今”あなたとともにあることを処理して、最善を尽くしてください。そして準備が出来た時に他のことための他の瞬間がやってくること、あなたがその瞬間に来た時に何を行うべきかを知っていることを信じてください。
今は深呼吸をして、今のこの瞬間の中で愛に向かって進むあなたの最善を尽くしてください。







 

花とスーダラ節

November 17 [Wed], 2010, 14:47
 
冷えますねぇ。
朝一で見つけた動画に心を打たれ、思わずアップロード。
わかっちゃいるけどやめられない

『雨にスーダラ節』


昨日はお花ワークショップでした。
参加者も少なかったので、一緒に参加して作ってみました。
花材がたくさんあったので、二つ制作。
一つ目はクリスマスツリー風アレンジ




ヒバの枝がたくさん使えたので、もう一つはリースにしました。
なかなかに重厚な仕上がり。
寒くなってきて季節感もでてきたし、リースはクリスマスまで
もちそうなので、しばらく飾っておきます。
工作系の制作は時間がかかるのだけど、しっとりとかなり楽しめました。




そして依頼があったので、また来週も急遽花ワークショップを開催することにしました。

来週はちょっと変り種。イルミネーションフラワーをやります。
光の下で見ると生花の可愛いアレンジメント。
夜の闇の中に持っていくと、夜光色に光る幻想的なブーケに変わります。
お楽しみください。 (今回は11/24水曜日開催です)
 




告知ついでに年内最後の
お花ワークショップも予定が出たのでこちらも。

12月27日(月)に
NewYearのお正月アレンジ開催です。







そんなわけで、今夜はこれからバックギャモン夜会です。
まったりのったり熱いんだかぬるいんだか分からない夜をすごしてきます。
来れる方は一緒に遊びましょう。それでは。





ありがとう。







 

花尽くしの週末

November 15 [Mon], 2010, 15:16
 

この間、月が変わったと思ったら、もう11月半ばです。なんてこった。
おかげさまでいろいろと忙しい日々を送らせていただけてます。

この週末は、大掛かりなお花のお仕事をいただきました。
友人のMさんのお父さんが亡くなり、その偲ぶ会の会場装飾を頼まれました。
彼は著名な音楽家でもあったので、ご家族が是非皆に知ってもらって分かち合いたいとのことでしたので、この場でご冥福を祈ると共に、そのお花の写真を公開させていただくことにしました。

この規模のお花の装飾を一人でやるのは正直初めてだったので、どうなることかと思いましたが、なんとかうまくいきました。ありがとうございます。

いつものワークショップの10人分くらいの花材を使っての会場装飾のお仕事でした。
普通に小店舗のお花屋さんくらいのバケツの花の量。花挿しまくってきました。

遺影周りが前後左右上下の組み合わせセットで10こくらい。
受付用のバラアレンジ
食事テーブル用花バスケットx6
本堂用大花束x2
お持ち帰り用ブーケx30近く。

みんな手伝ってくれたので、全部で10時間くらいでできました。すごい量だ。。

おかげで腰と背中は筋肉痛になりました。
お花の仕事でこんなに疲労したのは初めてです。
働いたーって感じの充実した疲労感です。
柔らかく見られがちだけど、お花の仕事は超ガテン系です。
あれはアートとガテンの融合です。


遺影周りのセット&
潤沢にバラを使いまくった今日のバラブーケ。(上写真↑)楽しかった。
(このくらい(40本)バラが入ってたら、普通に1万円くらいはするだろうなぁ)

 

土曜日に仕込みをして、翌日は本番。
場所をお寺に移動して、会場のセッティング。
作ったときとテーブルの大きさ、数、高さが違ったので、
その場でアレンジの組み合わせデザインを変えて対応。

その後、本堂に飾る、初七日の御法事のお花を2セット作り飾らせていただく。
巨大な金の天蓋と仏様の前に、これもやっと抱えるような大きな花束を二つ。
お寺の内側ってあーなってるのねぇ。これも初めて入りました。
誰もいなかったので、本堂の巨大な火鉢のようなおリンをこっそり叩いてきました。いい音でした。 ♪

今回は非常に良い経験になりました。
やろうと思えばこういうのもいけるんだなぁ。幅が広がりました。

でも今回は手伝ってくれる人がたくさんいたので、本当に助かりました。
おかげさまでなんとかなりました。
ブーケやテーブルアレンジまでは一人ではとても出来なかった。
会場装飾用にお花を好きなだけ使っても、残りでブーケが30近くもできるって、どんな量だ。

でも楽しかったです。ありがとうございました。



さてと、明日は久々おうちでお花ワークショップです。
空きが出たので、あと2名くらい当日参加受付できます。
今回はクリスマスっぽい感じのお洒落なアレンジ。
リースはあとで外してそのまま壁掛けリースとして使えます。
来れる方はお待ちしてまーす。

ありがとう。








 

光の瞑想

November 13 [Sat], 2010, 1:01



見えないエネルギーを理解する
オリンとダベンによるウィークリー・メディテーション より転載
チャネラー:Sanaya Roman & Duane Packer
2010年10月31日



自分が光だと思うことから始める
私が想像出来るもっとも美しい光になっていると
思ってみる

私の光は澄んでいて、燦然と美しく輝く
私の光は大きくなり、拡大している
私は純粋で、あたりを明るく照らす光になっていく

光が私に流れ込むのを感じる
内部に気持ちを向けると
高い次元の光が
私を通じて流れこんでいるのを思い浮かべる

私を取り巻く魂の光の中で、私は輝きを増す
魂の太陽光は私の内なる存在を
上から照らしている
私は光の存在だ

私は今自分から射す光を感じている
私の内なる目で、私が送り出す
美しい光を感じることができる
毎瞬、私から輝き出す光は
強くなり美しくなっていく
私は輝く光だ

私は今自分の周りの
かすかなエネルギーを感じる
私の周囲を感じるために
時間をとってみる

私の周りの感情的、精神的エネルギーに気がつく

私の周りの音に注意を向ける

身体の中の感覚を観察する
私は自分の感情や考えを知っている

私の周りのエネルギーを
観察し、注意を向け、気に留める能力は
伸びつつある

今度は、自分が変えたいものについて
考えてみる
私が変化させたいと思う
ものや状況の中の
光を観察する

私はこの状況に
光を照らし始める
この状況を囲んでいる
すべてのエネルギーを
光で変容させる

私はハイヤーセルフと魂の智恵に
心をひらく
この領域でとるべき次の一歩の感覚が
心に流れ込んで来るようにする

感覚を受け取るために心をひらくと
次にとれる手段に関する
感覚や考えに気づく
どの行動が私を招き
引きつけるか感じてみる

今考えていることは
将来、もうすでに
行なってしまったこととして、想像してみる

私の身体がどう感じるか注意を向ける
感情にも注目する
呼吸を観察する
この一連の行動をとることを思い
いい感じがするかどうか、感覚を調べる

可能な手段をとることを想像し続ける間
どう感じるが注意してみる
受け取る感覚を私は信用する
私という存在のすみずみにまで
ふさわしいと思える一連の行動について
受ける感覚を感じたあと
私は行動をとる

私は見えないエネルギーと
受け取る感覚を信用する
私は輝く光だ
一瞬ごとに私はますます
美しく完全な光になっていく









 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りゅー
  • アイコン画像 誕生日:2月21日
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
セラピスト・ヒーラー
チャネラー・ティーチャー
イベントオーガナイザー
フラワーアレンジメント講師
作家(予定)


TweetsWind
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ