2014年05月30日に感じたこと

May 31 [Sat], 2014, 0:00
  • 幸せに暮らせる街ランキングで、ここ旅人の樹のある稲城市が全国2位! 東京都内では1位!素晴らしいねぇ。これで海があれば藤沢と変わらないんじゃないかなぁ。 「本当?藤沢市が幸せに暮らせる街ランキングで全国1位に! 」http://t.co/G8B3Id7xDz Posted at 11:57 AM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

サヌキ男になろう

May 30 [Fri], 2014, 14:10


自分の中に確かな軸があれば、人を受け止められるようになる。
ハートを開けば世界に自分が開いていける。共に創る存在になれる。

男性の中にもある女性性。
女性の中にもある男性性。
それらを併せて成熟させることが人としての円熟なのかな。

とても参考になるいい文章を書く方でしたのでご紹介します。
こういうのを読むと、やはりこういうことを積極的にアウトプットしていく重要性を感じます。
さぼってないで精進しよう。


※「サヌキ男とアワ女」
昔から伝わる男女の特徴を表した言葉。
香川(讃岐/サヌキ)・徳島(阿波/アワ)県人にとっては、サヌキ男はよく働き、そのサヌキ男を献身的に支えるアワ女という風に昔から言い表されてきたもの。
まさにかつては男と女のあるべき関係を謳っていた。
従って、サヌキ男とは男性性のことであり、アワ女とは女性性を意味している。



〔ライフデザインメソッド堀内 恭隆さんの記事より〕
〜・〜・〜・〜・〜・〜


成熟した男性性(サヌキ性)は、受け入れる器を
備えるようになります。
 
 
それは、中心となる柱としての軸があるから、
状況にブレなくなるからです。
 
 
女性の方は不安になったときに、揺らいだときに気持ちや思いを
男性に伝えます。
 
 
それは、時には責め立てたり攻撃する形を取ります。
 
 
でも、心の底では受け止めて欲しいと感じています。
 
 
まだ未熟なサヌキ性(男性性)にいる男性は
それを受け入れることができません。
 
まるで自分がダメ人間と言われているようだからです。
 
 
しかしながら、成熟したサヌキ性(男性性)にいる男性は
パートナーの女性が例え自分に攻撃を加えてこようとも
動じず、ブレず、自然体で、大らかに受け止めることができます。
 
 
それどころか、

『でも、関係ないね!あなたを愛してる。』

『あなたが、いま感情が昂ぶっているけれど
 あなたの美しさを知っている。』

『あなたがなんであろうと、揺るぎなく愛している。』
 
 
それを一貫して存在で伝えます。
パートナーが何であろうと、彼は変わらず彼女が好きになった
存在でいてくれるのです。
 
 
内側に揺るぎない軸があるため、
外側からの刺激に左右されることはなくなってくるからです。
 
 
だから周りの人が大騒ぎするような状況にあっても
成熟したサヌキ性(男性性)は、落ち着いて判断し
周りを導くことができるのです。
 
 
成熟したサヌキ性(男性性)は、周りを鼓舞し、可能性を開き、
インスパイアします。
 
 
言葉や説得、圧力ではなく、周りのハートに火を付け
新しい可能性の世界を示し、一緒にそこに生きたいと思わせる
存在感を発揮します。
 
 
この、柱があるから、周りの人は安心して日々の活動を愉しむことが
できるようになり、日々の幸せをより実感できるようになります。
 
 
本来のサヌキ性(男性性)は柱であり、場の安全を守り、
未来を導くそんな存在なのです。


〜・〜・〜・〜・〜・〜








  
 

2014年05月28日に感じたこと

May 29 [Thu], 2014, 0:00
  • 今日は波止場でお仕事。 潮の香りのする風が吹いてる。 汽笛の音が聞こえる。船が岸を離れていくのが見える。 海の見える景色が落ち着くのは何故なんだろう。 港町の活気と陽気さ、広がりのある空が好き。 http://t.co/ySzI5NDsBa Posted at 11:57 AM
  • 今夜は明け方くらいに双子座の新月。いろんなものが動き出している実感があります。 いよいよこれが過ぎると夏至が近づいてきます。毎年変化の加速する時期です。 明日は恒例新月ヘナ会。 たっぷりデトックスしてすっきり変化に備えましょう。 http://t.co/C9EWnZwgqf Posted at 09:31 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

2014年05月27日に感じたこと

May 28 [Wed], 2014, 0:00

2014年05月26日に感じたこと

May 27 [Tue], 2014, 0:00
  • 今週からまたお花の研修仕事が始まったので、しばらく忙しい感じ。 ヤマト運輸が唐突に送料の三倍以上の値上げを突き付けてきたので、各業界は今対応に大慌て。花卉業界にも直撃。 物流の信頼度最大手なので、社会問題になるだろうねこれは。 http://t.co/O164S4Tn4A Posted at 05:59 PM
  • 今日はよい作品をたくさん読んだなぁ。満足だ。 「ピアノの森」24巻の音楽への表現が素晴らしすぎて、ピンポイントに自分の琴線を掻き鳴らされる。感動のあまり電車の中で泣いた。 その一行のために、それまでの全てのストーリーが存在する、そんな1ページに出会う。これこそ物語好きの醍醐味だ。 Posted at 10:49 PM
  • 再版中の「ヒカルの碁」のペーパーバックを手に取ったら、勝負師の血が震わされて結局読了。 真剣勝負っていいなぁ。「俺より強い奴と今すぐ闘いたい」とかどこかのゲームファイターみたいなことを本気で思いながら、帰ってバックギャモンの高段者とネット対戦なう。男は多分そういう所は永遠に少年。 Posted at 10:59 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

2014年05月25日に感じたこと

May 26 [Mon], 2014, 0:00
  • 総会でマンションの管理組合の理事長に承認されてしまった…orz。 やれやれ。これもなにかの伏線としての経験なんだと楽しんでいくしかないかな。 Posted at 05:31 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

2014年05月22日に感じたこと

May 23 [Fri], 2014, 0:00
  • なんて清んだ美しい空。 生まれたばかりの風が初めて出会うように肌に触れる。 世界が洗い流されたようだ。 Posted at 07:09 PM
  • マイコー♪復活!! 2014年、復活! マイケルジャクソンがライブで新曲を披露 http://t.co/rFaqu733jd @whats_jpさんから Posted at 07:14 PM
  • 素晴らしい技術です。砂漠や宇宙や植物に適さない環境でも野菜が作れれば、未来が広がります。人類はもうその準備をしているのかもしれない。 【「地面がなくても野菜が育つ! とある日本企業が開発した「魔法のフィルム」 】 http://t.co/YZKTYhR0yl Posted at 11:43 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

意識、マインド、慈悲

May 22 [Thu], 2014, 12:39



最近よく考えている意識、マインド、慈悲についての良文があったので転載しておきます。


〜・〜・〜・〜・〜・〜

こんなことがあった。
ある精神分析医が友達と
朝の散歩に出かけようとしていた。
すると、
その患者の一人の狂人が、
走って来ていきなり
精神分析医の背中を猛烈に殴った。
彼はよろめいて地面に倒れ、
その間に男は逃げた。
彼は気をとり直して
立ち上がると歩き始めた。

友人は驚いて言った。
「君は何もしないのか。
 何とかしなくちゃ。
 ほっといちゃ駄目だ。
 あの男は気違いじゃないか」

精神分析医は言った。
「これは彼の問題だよ。
 殴ったことは、
 彼の問題で私の問題ではない。
 なぜ私がかき乱されなくちゃならない」

彼は正しい。
と言うのは、
もし腹を立てている者があるとしたら、
それはその人間の問題だからだ。
侮辱する者がいれば、
それはその人の問題だ。
悪口を言う者があれば、
それはその人の問題なのだ。

こちらがそれによって妨害されなければ、
人はみな妨害されない。
だが、人はすぐにかき乱される。
ということは、
相手の怒りと侮辱は、
単なる口実に過ぎないということだ。
こちらがその準備をしていたのだ。

内側では沸騰していて、
ただなにかの口実が
身に降りかかって来るのを
待っていたに過ぎない。

僧璨(ソウサン)は言う。
「心乱されずにあれば……
 そして源まで落ちれば、
 乱されることはない…
 世の何事にも害されることはない。
 物事に害されることがなければ、
 それはもはや、昔のそれではない」と。

そしてその質は
当人の態度によって変わる。
誰かに侮辱されたとして、
それが侮辱に見えるのは、
自分が侮辱されるからだ。
自分が侮辱されなければ、
それが侮辱に見えることはない。
自分が侮辱されていないのに、
どうしてそれが
侮辱に見えることがあり得よう。

誰かが怒っている。
それを怒りと感ずるのは、
自分がそれによって
かき乱されているからだ。
もし自分が乱されていないなら、
それを怒りと感じることはあり得ない。

その質が変わるのは、
あなたの解釈が変わるからだ。
こちらが違っているからだ。
誰かがあなたを憎む。
それを憎しみと感ずるのは、
こちらがかき乱されるからだ。

自分が乱されておらず、
しかも自分を憎む者があったとして、
それを憎しみと呼び得るだろうか。
どうしてそれを憎しみと呼び得よう。

その古い呼び方では用をなさない。
「昔の心はそこにない」のだ。

あなたは慈愛さえ感ずるかも知れない。
哀れみを感ずるかも知れない。
「いったい、この人はどうしたのだろう。
 なんて苦しそうなんだ。
 しかも、その必要はないのに、無益なのに」
と感じることだろう。

あなたはその人がその状態から抜け出せるように、
助けてさえあげるかも知れない。

人が腹を立てる時には、
自分の肉体を毒しているのだから。
その人は病気なのだ。
あなたは、彼がそこから抜け出せるように
助けてあげるだろう。

癌を病む者がいたら、
その人と喧嘩を始めたりはしない。
その人を助け、世話し、
病院に連れて行くだろう。

仏陀のような人、
僧璨(ソウサン)のような人にとっては、
人が腹を立てているということは、
その人の心が癌で病んでいるということだ。

慈愛こそが必要だ。
その人は助けを求めている。
そして、
この世がもう少し光明を得たなら、
誰かが腹を立てた時にはいつでも、
家族の全員と友達が
その人をいたわるだろう。
彼は治療を必要としている。

その人と喧嘩をしたり、
腹を立てたりするのは馬鹿げたことだ。
それはまったく馬鹿げた愚かなことだ。

相手が既に病んでいるのに、
みんなでその人に対立して、
どうやって
その人を助けようと言うのかね。
肉体的な病に対しては
私たちは同情する。
心の病に対しては、
同情しない。
それは、
肉体的に病む者がいても、
私達はそれを
自分に対する侮辱とは考えないからだ。
ところが誰かが心を病んでいる時には、
私たちは、
相手が心を病んでいるのは
自分のせいだと考える。
この態度は、
自分もまた、
病んでいるためにあるものだ。

ひとたび、
自分が乱されてなければ、
すべては一変する。
自分の態度が変わるからだ。

あなたは別人だ。
全世界が違っている…
「もはや、昔のそれではない」。

‘分別の思いが起こらなければ、
昔の心はもはやない。’

分別。
これはいい、あれは悪い、
これは好きだ、あれは嫌いだ……
この分別の思いこそが、
人のマインドの基底だ。
もし、分別が消えたら、
マインドは奈落に落ちる。
人は、自分の源に到達する。

そして、その源に、すべての意味、
すべての歓喜、
すべての祝福があるのだ。

Osho - Neither This Nor That


〜・〜・〜・〜・〜・〜









 

2014年05月21日に感じたこと

May 22 [Thu], 2014, 0:00
  • 最近依頼があって行ってる個人向けフラワーアレンジメント基礎講座二回目。 本日はトライアンギュラーを作ってもらいました。 基本形をちゃんと学ぶと、応用力がしっかりつきます。 なかなか綺麗な仕上がりになりました。 http://t.co/69BOrx0YiK Posted at 09:55 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

2014年05月18日に感じたこと

May 19 [Mon], 2014, 0:00
  • TRE(トラウマ解放運動)を体験してきた。 野生動物が捕食者から逃げ切ったとき、身体中をプルプル震わせて余分なエネルギーを解放しているあれ。大腰筋を中心に筋膜や筋肉に蓄積した感情エネルギーやトラウマを震わせて解放する。 とてもシンプルで気持ちよかったよ。いずれ旅人塾で紹介します Posted at 09:55 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りゅー
  • アイコン画像 誕生日:2月21日
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
セラピスト・ヒーラー
チャネラー・ティーチャー
イベントオーガナイザー
フラワーアレンジメント講師
作家(予定)


TweetsWind
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ