霊感ってなんだろう

March 30 [Wed], 2016, 3:03


先日「りゅーさんて霊感ありますか?」って訊かれてなんだかとても新鮮だった。

霊感があるってどういうことだろうね。
そういう問い掛けに対して、いかに分かりやすく深く面白く答えられるかがプロフェッショナルの本領であろうと身を正す。
12年以上スピリチュアルカウンセラーみたいなことをやっているけど、そういう素朴な問いかけみたいなものに、真面目にちゃんと答えようとする大人でありたいなと思う。

なので答え忘れてしまう前に書いておこう。
霊感があるってどういうことだろうって問いは、今の自分だったらこう答えるかなぁ。



たとえばカエルって生き物がいて、水中と水の上(空気中)とを同時に見ることのできる目を持っているとする。
で、それらは本来位相の違う、ステージの違う世界なのだけど、両生類っていうのはその両方にまたがって存在している生き物。
本来交じり合わない世界の境界が水面で、カエルはそのどっちもを行き来することができる。
そしてカエルはどちらの世界も存在していることに疑いがなく、そこに適応している一つの個性。
一方で魚や蝶は、もう一方の世界が存在していることに、カエルほど認識を広く持っていない。

水中と空気中っていうのは同じ物理的な世界の中での境界なのだけど、別の縮尺で見るとそういう境界線は他にもたくさんある。
たとえば微生物の世界と人間の世界は、人間の感覚と認識の中では交じり合っていないけれど、実際には認識している位相(レイヤー)が違うだけで、とても深く交じり合っているし同じ世界に同居している。

だから人間の意識できる世界というのは焦点を当てているレイヤー(層)がある。
レイヤーっていうのは、たとえば一枚の絵の背景と人物を別々に描いて、あとで二枚の絵を重ねると一つの統合した絵になるっていうあれ。一枚一枚がその焦点を当てている層(レイヤー)になっていて別れている。
で、僕たちは知らず知らずのうちに、認識できるレイヤーをできるだけ細かく分けて、自分が見たいもの、信じたいものだけを注目するように、訓練させられてきた。
だから知覚していても認識できないものというのはたくさんある。
子供はまだレイヤーがそれほど分かれていないから、感じたものをそのまま見ることが出来る場合が多い。

霊感があるっていうのは、認識しているレイヤー間の区別が少ないか、あるいは意識してフォーカスできるレイヤーの数が多いということ。
それらの可能性に対して、できるだけクリアにありのまま見ようとしているということ。
そしてよくフォーカスすることの多い周波数帯は、ピントを合わせやすくなっている。
使いこんでいる道具は使いやすい。認識も同じ。

だから人が、自分の扱える最大幅の知覚力を、なんの制約や制限もかけずに、身体のスペックを行使したら多分今とは全く違う世界が見えている。
そういう意味では霊感というのは認識できるレイヤーの1チャンネルにすぎない。
しかしそれがどういうことなのか、体験から理解に落とし込む過程で、ものすごく大きく情報が失われ、かつ歪められる。だから実際には私達は、ありのままの世界など殆ど知ることはできない。
それに近い世界を感じられるとしたら多分、左脳の機能が失われた状態の人か、薬物によってものの意味を認識しようとする機能を、著しく制限されている場合とかになると思う。

だからありのままの感覚を、ありのまま否定しないというのは一種の霊感で才能。
インスピレーション(霊が入る)ってそういうこと。
さらに言えば、霊っていうのは空間そのものに遍く偏在する意識のレイヤー。
個別化された霊魂っていうのも確かにあるのだけれど、その根っこまで辿れば多分全部一つのものの別の形だと思う。

こういう、霊感があるとかないとかみたいな話題だと、多分知りたいのは実際にそれを視覚的に認識することができるかというようなところかと思う。
これは認識の得手不得手は確かにある。”視える”というのは視覚優位の人の場合の情報処理パターンで、受け取った情報(エネルギー)を視覚的ヴィジョン的に処理、再構築した場合の認識の仕方だから。
僕の知り合いは、霊的におかしな場や存在を感じるときは”臭い”と言っていた。
あと僕の場合は霊的な位相でのコンタクトを受けたときには、耳鳴りがする。
言葉として情報を受け取る場合も、基本的にはエネルギーを言語的に再構築して翻訳しているということ。

また見えているという場合も、僕の場合は目で見ているのと同じように見えているわけではない。
目で見ている画面に、もう一つの、強いて言うなら霊的視野みたいなレイヤーを重ねて見ている感じ。
この視野は多分第三の眼ってやつで、身体の外側の霊魂のフィールド自体の持っている知覚じゃないかな。
だから目を瞑っていても、ある程度感じられるし、遠隔視やサイコメトリや前世やオーラを視たりするときも、多分同じ所を使っている。

だから使おうと認識すれば、機能的には誰でも持っている。
一般的に普段使ったことがないと思っているから、使い方がよく分からないってことだと思う。

また一般に怖がられている幽霊みたいなものというのは、実際には魂(直霊)そのものではなく、魂魄(こんぱく)でいうところの魄(はく)の部分で、魂の抜け殻みたいな、残された部分。
生命の本質の残滓みたいなところだと思うから、ぶっちゃけ物理的な焦点(肉体)を持って存在している生命体にはそれほど影響はない。
残り香みたいなものだとおもう。いずれ消えていくから恐れなくてもいいと個人的には思ってる。
いたずらに恐れるから、恐れなくてはならないような現実体験の創造に力を与え、それに巻き込まれていく。

ただものすごく臭い残り香は、その中に入ったら確かに不快な影響を受けることはある。
そういうものは身体感覚にしたがって、なんとなく嫌な感じを避けていれば避けられる。
だから頭でっかちな認識に頼るのじゃなくて、体の感じるなんとなくの好き嫌いに従って生きればいい。

霊感ていうのは、そういうものに身をゆだねて、殉じることも厭わず、受け入れて生きている在り方みたいなものだ。
人より世界を分けて捉えようとする境界の数が少ないか、人よりも多くの認識を受け入れるための棚の数が多いかだけだから、本当にただの個性の形だと思う。

付け加えるのならば霊感て、見ようとしなければそこにあったと気が付くような、そんな種類の知覚の仕方のことじゃないかな。
体の疲れや考え事ばかりに囚われていたら、自分を取り巻く竹林に降り注ぐ蝉しぐれが聞こえなくなっていたとか。
海を見ていたら、気が付くと波の音が聞こえなくなっていたみたいな、マインド優位になっていると体験し損ねる現実の別の位相。

自分の思い込みと囚われに沿って展開していく、マインドストーリーを手放したら、もっと世界のありのままの形を体験できるようになるのだと思う。
マインドに流れている思考っていうのは、スクリーンの中に流れている映画みたいなもので、しかも私達はそれぞれ見たいような視点から、その話に感情移入して見ている。
だから本当にここで、生命を持って体験している現実を、実際にはほとんど見過ごしているのではないかな。
マインドの映画よりも、面白いライブ(生)を見に来たのを思い出せたらいい。

そうしたら非日常と日常は逆転する。
それがスピリット(霊)として生きるということで、それが僕らの元々の意図の形のはずなのだから。



とりとめなく書いてみたけど、今日はこんなところかな。
問に答えると自分でもいい訓練になるので、何かあればご質問等お待ちしています。
それではまた。









 

2016年03月29日に感じたこと

March 30 [Wed], 2016, 0:00
  • お誘い頂いて舞踏家の大野慶人さんの稽古に行ってみた。あの大野一雄さんの稽古場。 空間と仲良くなるという稽古を通して、僕等は結局生命や神に直接触れたいと望んでいるのだなと思った。 多分「空」や「直接体験」というものが、今自分の一番やりたい伝えていきたいこと。よい気付きだった。 Posted at 11:18 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

2016年03月27日に感じたこと

March 28 [Mon], 2016, 0:00
  • 古巣近くの稲田堤の河原で花見会してるよって誘われたので来てみたら花なんか咲いてなくて、菜の花と川見ながら初めて会う人たちと適当にまったりしてる。味噌こんにゃくと焼きそばうまい。花はなくとも春の風。 https://t.co/QxT7qJzsjW Posted at 03:18 PM
  • りゅーさんて霊感ありますか? って訊かれてなんだかとても新鮮。 霊感があるってどういうことだろうね。そういう問い掛けに対して、いかに分かりやすく深く面白く答えられるかがプロフェッショナルの本領であろうと身を正す。 Posted at 04:14 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

2016年03月25日に感じたこと

March 26 [Sat], 2016, 0:00
  • もうすぐ四月なのですね。静かに湧き立つような息吹に満ちたこの季節には一番感情を揺さぶられます。 今年の春分はとても大きな変化で、皆さんも大変だったかと思います。 お会いできる方はあとでお話聞きますね。今日は新宿出張日。ではまたあとでお店で。(新宿三丁目駅C6出口傍「占」看板目印) Posted at 11:13 AM
  • 軽い装いで出勤してしまったら、今日は一日中わりとガチで寒くて、春とはいえ侮れない。三寒四温の季節。 新宿のお店でお茶を淹れ、お弁当の炒飯と青菜炒めを食べ文庫本を読んでいる。なんだか普通に新宿の小さな自宅のようだ。 さ、夜になって来ましたよっと。もうひとがんばりしますかね。 Posted at 06:11 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

2016年03月20日に感じたこと

March 21 [Mon], 2016, 0:00

春分点のギフト

March 20 [Sun], 2016, 0:00



2016年の春分点です。
宇宙的に一年の始まりの場所。

僕たちの過ごしている時間とは、宇宙の空間的な場所のことです。
地球が太陽との関係でその位置に来た時、また廻りの始まりが完了します。
それらは太陽に対して地球の描く螺旋の基点で、その太陽はまた銀河中心に、銀河は銀河団中心に対して螺旋を描き、一時たりとも止まっていることはありません。
私達は、宇宙の中を、決して繰り返すことのない新しい場所をいつも旅し続けているのです。

私達の地球が太陽中心からの光を、もっとも均衡を持って受け取る場所、それが春分点。
太陽の恵みを受けて生かされている、地球の生きとし生けるすべてのものが、バランスの起点としてデザインされている場所に、今日私達は立っています。

今年は何か厳かな気持ちでこの通過点を迎えてみようと思い、地球の生命のもっとも親しい仲間であるお花達とともに、祈りと祝福を分かち合ってみようと思いました。
これは地球の今のエネルギーと、植物たちの声とともに、それをアレンジメント(花束)にしたものです。
この次の廻りの輪の中で、地球に注がれているエネルギーと、それの導く方向性はなにか。
彼等から受け取ってみたいと思います。

この写真からは、植物と地球からのエッセンスのエネルギーが、これを持つ人に流れていくようにしておきました。
彼等の想いやエールが、皆さまの魂に寄り添う、ギフトとして届きますように。
これらのたくさんの祈りの幾きれかが、かつて宮沢賢治がそう呼んだような”あなたの透き通った本当の食べ物”になることを、どうか心から願います。(注文の多い料理店 序文より)

待ち受けにしたり、シェアしたり、どうぞご自由にお使いください。
受け取ってくださってありがとうございます。




春分のメッセージ

「今、大切なことは、”信頼する 育む 創造する” ということです。
新しいめぐりの時が明けました。また光は強く輝き始めるでしょう。

私たちは、ここにないものに意識を向けてはいけません。
どんなときも生命は今を生きています。
あなたの中に、今あるものだけが、あなたの生を創りだします。

種子は自分の中に、何が眠っているのかを知りません。
新しいめぐり、新しい季節の中で、宇宙の絶え間ない恵みを信頼し、
生命は自らを育み、創造していくだけです。

落としてきた葉を嘆くのではなく、生まれてくる芽を慈しんでください。
目を向けるならば、あなたはすでに十分に受け取っています。

陽の光は遍く注がれて、大地と命を温め続けています。
信頼して天を仰ぐとき、空はあなたの声を聞いています。
どんなときも、あなたはいつも無限の可能性に満ちた空間にいるのです。

私たちの間に境界はなく、そこに本質的分離はありません。
それぞれの命の形を、それぞれのやり方でただ表現しているだけです。

私たちを生かしめている力は、同じ源から来て、同じ源へと辿ります。
ただ咲くときに咲き、還るときに還ることを受け入れるとき、
あなたの握りしめていた手は、怖れを手放すことができるでしょう。
それはあなたの種子の殻を軟らかく緩め、あなたの発芽へと誘うでしょう。

光は満ちました。変わるべきものは、もうあなたの後ろです。
たとえそこが何も見えない光の中であっても、あなたの足を進ませましょう。

自由に創造をするとき、そこには何も定められたものはありません。
あなたの生命の形を決めるのは、あなた自身です。

ただ自分のあるがままに咲くとき、あなたのその在り方が、愛そのものなのです。

何かをしようとするのでもなく、何かであろうとするのでもなく。
ただ在るということ。それが自然のタイミングであなたを咲かせるでしょう。

あなたの種子が伸ばしていく根は、あなたの暗闇に根差しています。
でもその暗闇の奥に、源の光の入り口はあります。
どうか本当の声を受け入れてください。

源の光は、あなたを育む陽の光となるために、あなたの中心に与えられた光なのです」





〜・〜・〜・〜・〜・〜





個別にご自身のリーディング、チャネリングメッセージを希望される方は、
春分特別企画で、先着5名様まで特別価格のイヤーリーディングメッセージを承ります。


◇春分特別企画 先着5名様
2016年春分チャネリングメッセージ (5000円)

(聞きたいテーマを添えて、メールにてお申込みください)


お申込みはこちら
mail★tabibitonoki.org (★→@)









 

2016年03月18日に感じたこと

March 19 [Sat], 2016, 0:00
  • 春だぁ。 新宿御苑のコブシが満開。 今日は新宿のお店に入ってカウンセリングしてる日だけど、お昼やすみ抜け出してお散歩に来てる。お店には21時までいます。 皆さんも今日はお散歩に出るといいよ。 https://t.co/AUFK23HRes Posted at 01:12 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

2016年03月17日に感じたこと

March 18 [Fri], 2016, 0:00
  • 今週知らない間に、うちのブログが20万アクセスを達成! 地味に繋がって続いていきます。今後ともよろしくおねがいします。 昨日と今日と二日がかりで、春分に記事を上げるためのちょっとした企画準備をしていました。久しぶりにお花活けたよ。 https://t.co/WaENXn0wVz Posted at 05:52 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama

2016年03月16日に感じたこと

March 17 [Thu], 2016, 0:00

2016年03月14日に感じたこと

March 15 [Tue], 2016, 0:00
  • 昨夜は久しぶりに、我慢できないレベルの偏頭痛に見舞われたので、自分でヒーリング整体しながら寝た。多分原因は頸椎の3番辺り。臨床応用できそうなので要研究だな。 そんなわけで早起きしました。頭はすっきりしてるけど外は雨。今日は一日おうち作業に徹しよう。春分辺りにお花のワークを思案中。 Posted at 09:58 AM
  • RT @ClawLion: 3月は自殺対策強化月間みたいなのでサボロー、出番ですよ https://t.co/w5eVJozuQW Posted at 11:50 AM
  • 旅人の樹の元町サロン移転記念企画ワークとして、おかげさまでたくさんのお申込みを頂いた「地の塩」ですが、3/21日・春分午前0時を持ちましてお申込み期間終了となります。 気になってた方は、この機会にぜひ。 お申込みお待ちしております。 https://t.co/11YVBdfpxG Posted at 02:57 PM
  • RT @ayaco_m: 確定申告をやる仕事に就くような人は確定申告のような作業が向いてないひとなんだよ Posted at 04:01 PM
  • さて、今週末はもう春分ですか。春だね。 今週末は三鷹の沙羅舎で?スイーツ?&りゅーCAFE♪ 祝?春分EVE? 美味ベジスイーツとお茶を味わいながらの、チャネリンググループセッション。喜ぶご自分の心身をたっぷり?ご堪能下さいませ?? https://t.co/tahKWlVu6e Posted at 04:27 PM
  • http://twitter.com/Takao_Nukiyama
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りゅー
  • アイコン画像 誕生日:2月21日
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
ヒーリングスペース 旅人の樹 主宰
Inspiring People to There Authenticity

旅人の樹ホームページ

http://tabibitonoki.org/


TweetsWind
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE